2009-08-15から1日間の記事一覧

雑誌の定価は2つ

堀内誠一「父の時代・私の時代 わがエディトリアルデザイン史」。幼い堀内氏が、すでにせっせと雑誌作りに励んでいるエピソードが興味深かったです。 何々づくしとか、知識絵本的な、それも雑誌風編集のものが多く、お終いのところに内地10銭・外地10銭(当…