読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しぐさ

運び方いろいろ

高輪の物流博物館の地下で*1、1958年(昭和33年)の記録映像「荷役は変わる」*2を見ました。想定外の洒落たイラストのオープニング、軽やかな音楽、美しいカラー映像で50分の長さがあっという間。 その中で、上品なナレーションが繰り返し「人間の肩で荷物を…

ウチマタと“可愛いルック”

日仏学院ラ・ブラスリーにて行われていた、『ウチマタ』、クロード・エステーブの写真展。3月11日の大地震以降見ると、余計にハラハラしてしまう写真。 日本では200年来、内股は、きわめて重要な女性的ポーズなのである。 それは着物文化に結びついており、…

着物の裾が広がる場合/裾が広がらない場合

沖縄のキモノ。 戦前の写真に見えますが、戦後の写真なのです。 拡大画像 拡大画像 そして、同時期の沖縄のガールズ(Oki Girls)。進駐軍のかまぼこ型建物の前で・・・・・・。

不安とキモノ その2

「きもののすべて」(昭和40年)は、敗戦前後の空白の10年に着物の知識をすっかり失ってしまった日本女性、着物に不安を抱く昭和40年の母娘に向けた本です。挿絵はいわさきちひろ。 しかし大正7年生のいわさきちひろさんは、シロウトさん風と、クロウトさん…

不安とキモノ  その1

■10年ほど前、着物のサイトを作っていた私ですが、いつの間にかブログが敗戦直後カテゴリーだらけになっています。 「キモノのしきたり」に、すごく疑問を持っていたら、自然と敗戦直後が気になるようになってしまったんですよー。不思議ですね! ■さて〜「…

着物(晴れ着)で、長時間歩く

昭和30年(1955年)の埼玉県*1。 片道4時間の山道を、徒歩で行く新郎新婦です。お嫁さんは裾をまくりあげていますねー。 ご祝儀には花婿のほうでトラックを用意しましたが、この日は実家まで片道4時間ほどの山道を、二人で往復とも歩きました。 やっぱり普段…

イグナチオ教会、着物、小森のおばちゃま

昭和32年頃、四谷のバス停で、ポーズ。*1背景には上智のイグナチオ教会。ノートとかも入りそうな、けっこうな大きさのカバンです。着物をスーツ姿にみたてているのかな?ダーッとタイプ打ちそうな雰囲気です。 かつてのイグナチオ教会。今は、円筒形ですよね…

気持ちいい靴を見物

近所の人にすすめられてディーター・ラムスの時代―機能主義デザイン再考に行ってきました。 ブラウン社のスッキリしたモノがいっぱい並んでいた。 で、展示を見ている人達の靴が良かったんですよ。私は展示を見てもよくわからない人間なので、もっぱらお客さ…

うなじゼロ着物

着物といえば、う・な・じ。というイメージがありますが、 こちらはキッチキチの襟元を、さらにパーマの髪で覆って、うなじ露出ゼロ。 (「暮らしの手帖を通してみた戦後の3年間 なんにもなかったあの頃」*1より) ↓こういうむちゃくちゃな時代の中で、アタ…

夢の国の女性と、関節

*1 QUEEN OF THE PROSTITUTES。バイシュン婦の女王様の非現実的な立ち姿です。 “私らの体は、粘膜と粘膜の接触(©獅子文六)に特化されているのです、日常の動作( こういうの )とは無縁なのです”といわんばかりの無茶な足元。 (大岡昇平「少年」には、お…

ねんねこ半纏

体温、体臭、湿り気。 昭和のお洒落なモノ(小説、歌、建物など)を見ると、作者はねんねこ半纏的なものから、全速力で逃げてきたのだなーと思うことがあります。 逃げる力が原動力☆ 以下の写真は、外国人が撮影したものです。*1 *2 *1:http://www.flickr.co…

カメラを意識していない写真

うつされる側が、カメラを意識しないでうつっているタイプの昔写真。*1 コレが、ありそうで意外にないんですよねー 生き生きした表情の少女達。記念写真だとこの輝きは消えてしまうのだろうなぁ。【Flickr より。拡大画像】 勢いよく歩く着物写真も、ありそ…

美しい立ち居振る舞いでナイト

高齢の美しい俳優・女優の出ているCM。ttp://www.everlifegroup.jp/tv.html 晴れた日、彼らが「坂を登っているシーン」が、ほっこりと挿入されます。 「階段だって…」という、たいそう曖昧なナレーションがついていて謎めいている。*1 10代の人が見ても何…

 エロスと、言い訳

裕福な令嬢達が・お天道様のもとで・自らすすんで・肌をさらす。昼間だし西洋のスポーツウェアーだから、別に、エロじゃないよね?という言い訳が聞こえてきそう☆ (昭和10年頃の「ホームライフ」から。小金持ちの茶の間においてありそうな贅沢雑誌で、他のペ…

 キモノと時間の逆まわし

上の写真から、約60年前、50年前、40年前、30年前です。 時々、昔の写真の方がSFっぽいというか007っぽい場合がある。このまま敵の潜水艦に忍びこんで、ひと暴れしそうな… ↓約60年前。1940年代。マッカーサー司令部前で。(日比谷の第一生命ビル) ↓約50年前…

 キャットファイト

洋装のモガが、銀座の真ん中で取っ組み合い。彼女らの武器はお洒落なパラソル。 昭和3年(1928)の絵です。*1 そんな楽しい妄想から10数年後。昭和20年(1945)の5月には銀座丸焼け、画像は4丁目の三越です。(この本から)【 丸焼けの新宿は、こちら→→】 *1:…

 僕のアルバム

僕のアルバム作者: 植田正治出版社/メーカー: 求龍堂発売日: 2007/11メディア: 大型本購入: 1人 クリック: 28回この商品を含むブログ (24件) を見る「植田正治の没後発見されたネガの束より編纂した妻を被写体とした1935〜1950年代の未発表写真を綴った夫婦…

 スクワットのポジションでお洗濯

“中国に行った時、しゃがんでる女の人をしばしば見かけマシタ”【Flickr より。拡大画像】 During my travel in China I often saw women in such squatting position. イタリア、立って洗濯の光景……。【Flickr より。拡大画像】 日本もしゃがみます。(祖父…

 マタの☆裂けるような

超、大股の娘。「現代娘」という題がついています。*1この絵の時点の「現代」は昭和3年(1928年)。きっかり80年前なのでした。 獅子文六の自由学校(昭和25年=1950年)にも、カタカナだらけの流行語を操るイマドキの娘(id:NARASIGE:20070823#p2)が「マタ…

マリアのパアティー、足もとの空間情報

NHK クローズアップ現代 身体が動かない〜子どもの運動能力に異変〜 「ボールを前に投げられない」「転んでも手をつけず、顔面を打撲」。今「走る、跳ぶ、投げる」などの基本的な身体能力が備わっていない子供が急増している。文科省の最新の調査でも、体…

 しゃがむ姿勢

■東ノマディック美術館(Ashes and Snow/グレゴリー・コルベール)。最寄りの東京テレポート駅に、しゃがむ青年が1ダースほどいたのが印象的でした。六本木ヒルズの「ル・コルビジェ展」でも、修学旅行の女学生達(善良そうなタイプ)が、スカートを黒い翼の…

 可愛く見える「角度」の変遷

CastleDragonさん。ワンレン時代の小首かしげ→→イマドキの内股へ… しかしイマドキの傾きは、いつも小首をかしげて横に傾いてた昔とは違い、どちらかというと上半身を前のめりにした前傾方向の傾きだ。この寒いのに生足なのはご苦労な話だが、ご丁寧にみんな…

 「えへっ」内股立ち

ニューヨークの街中でオリエンタル系女性が日本人かどうかを見分けるポイントは【「えへっ」内股立ち】、という独特の立ち姿にあるそうです↓↓

 筋肉のない体が、すてき その2

これは、1968年koreaです。農村部の人が頭の上にのせて運搬。 http://www.mishalov.com/korea768/pictures/korea768-21.html http://www.mishalov.com/korea868part2/pictures/korea868-50.html農村部だけでなく、タウンの雑踏の中でも頭の上にのせています…

 ☆雨の日には、尻からげ☆

「理屈は理屈 神は神」 SF作家のかんべむさし氏が、人生の危機に直面し“さて神様を信じようか、それとも天風先生、あるいはマーフィーで?……”と、戸惑う気持ちを正直に書いたエッセイです。かんべ氏が(現時点で)信じている宗教の名物「先生」は、戦前のコ…

 人、それぞれ

■映画「リトル・ミス・サンシャイン」は、主人公のメガネ娘オリーブちゃんが、美少女コンテストに出るまでのてんやわんやを描いたストーリーです。コンテストでは、セミプロめいた美少女達が、全員同じ口角のもち上げ具合、全員同じつま先の向きで完璧なポー…

  筋肉のない体が、素敵

雑誌に、ベトナムは今でも都市部と農村部の女性は明らかに体格が違う、と書いてありました。(農村部の女性は、天秤棒に水や肥料の入った桶をかついでいるから。)今の日本で全国のコンビニ店員さんをシャッフルしても、体格差で出身地を特定できないと思う…

 足音を鳴らす街、鳴らさない街

一流といわれる企業のOLさん達が、いっせいに帰宅する光景に遭遇しました。彼女達、足音がとっても小さいんですね…。コツコツと小鳥さんのように。そして足をひきずらない。足音がしない理由は、上等の靴?骨格?海外生活の経験?一方、私の最寄りの駅(元、…

 ぬくぬく美女

エリクシールの美女、黒沢千絵さんレベルの美貌の人が、ぬくぬくのスニーカーと軽いコート姿で、「上野」のアメリカンファーマシーにいました。英語を話していた。 黒髪が潤っていた。肌も潤っていた。私は美しい人が、暖かい・安定した足元をしているのを見…

 リラックスしたオジサンがいっぱい

熟年男性誌が「日本のッ、伝統のッ、所作を学ぶッ!!」みたいな、かたい特集を繰り返すけど、どうも「学びすぎてリズムが無い」(←D.T.が女性に接した時のぎこちなさについて、伊集院の発言)↓こちらは逆に、リズム感たっぷり。(50年代から60年代にかけて…

 堂々と、胸を出す

この漫画家サン、いつも胸や足のはだけた女性を描いてくれる愉快な人!とばかり思っていたら有名な方だったんですね。栃木県立美術館にて展示。2007年1月14日(日)-2007年3月4日(日)この絵は昭和6年くらいの絵なので、描かれている女性達はおそらく明治生ま…

 妖精っぽいスカート

淡い色合いの民族衣装が、妖精じみてるkoreaのおばあちゃん達(1969) ふんわりしたシルエットだから、大股の外股で、ノビノビ歩いている雰囲気♪ 小さなスプーンおばさん (新しい世界の童話シリーズ)っぽいスカートです。拡大画像はコチラ ttp://www.mishalo…

 着物で2本のレールの上を歩く

登山入門の本を眺めていたら、疲れない歩き方として「山は2本のレールの上を歩くように歩こう。ファッションモデルのように一直線上を歩くと疲れが出ます」と書いてあった。そうそう。以前、明治の日本を撮影したフランス製映像を見た時、都市部の女性達が、…

 ビシッと立つ状況

夢二的ヘナヘナ立ちをしてたら跳び蹴りされそうな、【121】東京市王子区の婦人会の皇軍慰問の図。(1941年)。つま先、外向き。ttp://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/bunka/umemoto/data/photo/win121.html戦時下の報道写真 梅本忠男写真集より。230点もの写真が…

 日本アニメのパイオニアと、自転車キモノ

和の心に酔いしれろで紹介されていた、東海道53次を大正時代の漫画家さん達がどーんと描いたもの。中に、豊橋のおばさんが自転車に乗っている絵があって、あれ見たことある図だなあ、と思ったら、以前、拙サイトでアップした豊橋の自転車バアサンと作者が同…

  衣紋をぬく街、ぬかない街 その2

その1は、こちら。かつて電車の路線ごとに着こなしの住み分けがあったという話し。あやヤと・みきティのデュオ…2人が威勢良くしゃべるところを聞いて、“衣紋をぬく街”のサラブレッドっぽいと思いました。(なかい君とかもそうだけど)何代も前から、頭の回…

 衣紋をぬく街、ぬかない街

永井荷風は、ながいこと食わずぎらいをしていましたが、読んでみたらやはり苦手でした。でも、路面電車の描写はちょっと面白かった。花街(新橋あたり)の若い女中が、お使いで山の手まで電車に乗って行く。すると途中から車中には、自分のように「抜き衣紋…

内股オペラ

蝶々夫人役のオペラ歌手のお話。→■。体調管理にものすごく気をつかっているそうです。 歌は肉体をフルに使います。まるでスポーツ選手のように(中略)しかし、着物で歌うときは内股で中腰を維持しなければならない。この姿勢が非常につらいという。 「ドレ…

持続可能な、きもの生活

■画像は、つま先を外に向けて、軽やかに歩いていた初老の女性。故・内海好江さんのようなスッキリした感じの人でした。 【変形性膝関節症、50歳以上女性4分の3発症 東大調査】(asahi.com)膝(ひざ)の関節がすり減る変形性膝関節症の人の割合(有病率…

もの憂げな動作の伝統

野性的なメイクをしている少女も、肌を露出している少女も、芯の動作や雰囲気がこの画像(「今起きた姿で 妾 買ひにくる」昭和3年)みたいだなー、としみじみ思う今日この頃です。彼女達が1度も見たことのない「寝起きのおメカケさん」とか、「朝湯帰りの姐…

 男らしい立ち方

大正生まれのお医者さんの書いたエッセイに、男らしい立ち方というのが出ていました。 男が男性らしさを強調したい時は、肘を「く」の時にまげて、握った拳を脇につける。国技館の額に飾られている歴代の横綱やプロレスラーの写真を見ると、言い合わせたよう…

お手製レッグウオーマー

■大正時代、小樽で過ごした女性(おっとりした推定90歳代)と話す機会がありました。小樽は寒くなかったですか?と聞いて答えてくれたものを以下に。 脚絆をはいてたから。脚絆は自分で作ればいいのよねー。縫ってヒモを上と下に2本くらいつければ。メリンス…

男オバサン

)6月から、チャンネルnecoで、柳家金語楼が女中さんに扮する「おトラさん」(1957年)運動量の多い着物を見ることができそうですね。(画像は、原作の絵)男の人がオバサンを演じるのってメチャクチャ似合う。以前、ラ・サール石井の赤木春恵というのがあっ…

ロボットも内股

■“世界一美しい”女性型ロボット「FT」発表 長い髪や胸があるから女性だとか、スカートのような外装だから女性だとかではなく、スタイルからわかってもらおうと考えました。最もこだわったのは足のラインです。具体的には、少し内股気味に立つことであるとか…

大きなイヤリングと着物・細〜いウエスト・つま先外向き。1958年の国際見本市ポスターです。 半世紀前の着物って、こういうの多いですよね。でも、着物はなぜかこっち方向(「007は二度死ぬ」方向?)には発展しなかった。現在、雑誌の着物特集の背景は、ほ…

 キモノと、裾すぼまりと

フランスのリュミエール社が明治の日本を写した映像を国立近代美術館フィルムセンター(京橋)で見ることができます。中でも東京や京都の雑踏を写している部分が興味深いのです。動いている明治の女性達をパッと見て、歩幅が広いなぁ…と思いました。彼女達の…

ヒザの間にボールをはさむ。

元・キモノ人の話。内股・すり足の「逆」を練習すしています。→■ Aさんの歩行状態をじっくり観察してみると、内股で両膝を摺り寄せて歩いています。意識を変えてみるとパーキンソンの特徴だけではなく、まるで着物を着ている人が歩いているようでした。また…

 バルセロナのお義母様

■元・医者のお義母様が、孫の内股歩きを見て、専門医に連れていくというお話。靴を左右逆にはかせる、足が外側に向くよう親が見本を見せてあげる、など興味深いです。 ■関連話題 渋谷・道玄坂上を内股で歩く女性達

ひじが見える

昭和10年頃、のびのびとした夏キモノのポスター。若々しいヒジが、まるッと見えます…

着物でスタコラ

今年のかなまら祭りは4月2日(日)だそうです。 【金山神社】住所:神奈川県川崎市川崎区大師駅前2-3-16 電話:044-222-3206 最寄り駅: 京急大師線 川崎大師駅 下車徒歩3分何年かまえに行った時は、着物を貸してもらっている外国の観光客がいっぱいいまし…