読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラステーブルのジェネレーション

「ガラステーブルのジェネレーション」というのは、芸人マキタスポーツがラジオで言っていた、非常に印象的な言葉です。「ガラスのジェネレーション」に熱狂していた世代は、ガラステーブルを購入しがちだった‥‥というような意味なんだと思います。 マキタス…

バッグを入れかえ続ける

最近、三個のほぼ同じトートバッグ(綿)を毎日ローテーションして使っています。*1 中身を総入れかえ。 ずうずうしい喩えですが、伊勢神宮の遷宮気分でローテーションしてるんです… 永遠(とわ)にフレッシュ\(^o^)/ *1:ポーチも2個同じものを買って、同…

ほっこりをささえる力

近所の大きな駅ビルの一角に、乙女版ヴィレッジバンガード的な本屋さんが出来ました。広いお店にゆったり置かれたアンティーク風本棚には、ロモ、北欧、きもちのいいくらし、リネン、ロモ、北欧、きもちのいいくらし、リネン、のような本が、ほとんど無限に…

ラッコとカワウソのあいだ

時々、ラッコをカワウソとしている画像や動画があります(・Θ・) ↑カワウソ商品として売られていたもの(本当はラッコ) ラッコ 随筆集 明治の東京 (岩波文庫)によれば、明治時代は築地川の東劇の前あたりにカワウソがいたそうです。

アルパカの赤ちゃん

アルパカの赤ちゃん、静かに囲いから抜け出るの巻。 X脚の太い脚で、ぺむぺむぺむ…と歩いています。 (アルパカの縫いぐるみを色々検索してみましたが、X脚を再現している縫いぐるみは、まだ見つけられません。) アルパカの赤ちゃんと太った猫。仲良し。…

“これからは ずーっと一緒だよ”(7月1日)

モモさんのつぶやきで知った漫画。 泣いたり・抱きしめたり・激怒したり、イライラしたり…の表現がすごいです。 (作者は1988年生まれの女性)

やまの神社

くらい気分なので、神社に行きました。 東京ポッド許可局で話題に出てきた、かなり強烈そうな神社です。 ↓↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ メモ 標高1000メートル超え。 近寄りがたい秘境かなと思ったら、神社では、おおかみグッズが沢山売られていました。 フカフカのおおか…

どうぶつコミュニケーション

テレビでやっていた動物のコミュニケーション。人間どうしより、ずっと正しく伝わっていそうです。 【送信者(オス)のさえずりは、受信者によりメッセージが違った意味になる。 メスへ「私はあなたと、つがいになりたい」 オスへ「私はあなたを縄張りから追…

杉浦茂いいはなし

杉浦茂―自伝と回想より 幸せになる人と、不幸せになる人の違いがなにかって?あのね、やっぱり心のきれいな人は災いが向こうから避けてくれるね。 たとえばふつう、今日私が、盛り場に外出したとするでしょ。車にぶつかる運命だったとしてもね、心の中にいい…

アルパカの太い脚

アルパカの、太い、X脚が好きです。一生懸命立っているように見えて、愛おしい。 Star Wars Alpacas

サクラと、測定

福島の親戚の家へ。 親戚の家の近くの公園の、本日の桜。お花見日和だったけれど、公園は非常に空いていました。(以前、桜の時期はとても混雑していたそうです。) 機械→■を拡大 空いてる公園。

意外だったこと

HARMONY GRASS のボーカルの人が、とっても細い人だったこと。内藤陳さんくらい

公園の中の図書館

日比谷公園の中に、植物や屋上緑化的な本ばかり集めたみどりの図書館があります。(日比谷図書館とは違う建物です。)地下鉄の駅でいうと霞ヶ関駅寄りの入り口が近い。 図書館そばには、鶴の噴水。(撮影は4月5日) 屋上緑化本。 1970年代独特の、むあっと…

似顔絵

うかがったお宅の小学生女子が、帰りがけに、そっと渡してくれた絵。 私の似顔絵です。渡してくれた時、お母さんがその子を、むぎゅーっと抱きしめていました。 この家の子になりたい。。。 (足が手抜きみたいに見えるかもしれませんが、膝をついた姿勢でい…

氾濫、からの

■1月に獨協大学で行われた「団地団」の講座で、 “団地は、川が氾濫するなど水害にあいやすい地域に出来る場合がある”という話がありました。 個人の力では家のたてずらい土地に、団地が出来るようなのです。*1 (↓団地ではありませんが、富山市の官庁街も、…

ピタゴラスイッチ的な

wikiを見ていたら、知り合いの女性が亡くなっていることがわかりました。ものすごく長身で白髪の人でした。(私はその人の職業をあまり知らなかったのですが、津田塾の先生だったのです。) 繊細な方でした。長身ゆえ腕が長いのでエディバウアーのカタログを…

インコ動画を見る日々

Happy Birthday To You(微妙なアレンジ) 西洋のセキセイインコは、キスの音もコピーしがち ゴシゴシ。ソファに羽などが落ちています

お酒の持ち運び

3月11日は、お風呂*1の中で「蘆刈」を読みました。 昭和7年の小説です。 水辺で、“ひょうたんに入れて持ってきた酒”を飲む場面があり、真似してみたいと思いました。 *1:精油は、薔薇とカモミールを入れた。

上海の洗濯物

昨年秋、上海に行きました。上を見上げる写真は、ほとんど上海在住のfさんに撮影してもらいました。 自分史上最高シリーズCMの逆の、自分史上最低不調な状態で行った*1ので、首が痛くて「上を向く」動作ができかったからです。 三菱一号館美術館のような建物…

団地、若尾文子

先日、獨協大学で行われた「団地団」の講座に行きました。 その中でベスト団地映画とされていたのが、若尾文子の「しとやかな獣」でした。そして、映画の舞台となっているのは、私の生まれた晴海の団地なのです。 私の記憶では、その団地は特に若尾文子感も…

さそり座感?

私は蠍座で、蠍座の項目にはたいてい、性と死!と書いてあります。(後付けかもしれないけれど)これには、若干、思い当たるふしがありました‥‥‥。以前、敗戦間もない頃のカラー写真を見る催しをした時、性と死にまつわる写真を、なんだか多めに選んでいたの…

フレディ

先日、集まりでジャニーズ、宝塚などの話になりました。 「いぬこさんは、そういうのはないの?」と言われたので、残念ながらないなあ…、と答えたあと、そういえば10年くらい前、一時、フレディ・マーキュリーのファンだったことを思い出した。 2000年頃、ビ…

私は、ヘナのために広尾の美容室に行っています。*1 (私は美容にお金をかけないのに、そこだけ、ちょっとお金をかけてる) 私の祖母は、戦後、シャンプーをボトルから直接アタマにかけていたそうです。長年にわたって、いつも同じ場所…こめかみの上あたり……

団地にまつわる催し

「映画で見る団地50年史」(獨協大学) 2012-01-28 13:30 〜 17:00 出演者の方のサイトを見ると、“会場の獨協大学じたいが、松原団地の近くにある”と書かれています。 昨年、獨協大学に行く機会がありましたが、そう…たしかに大学の最寄り駅が「団地」のつ…

正月飾りと、レインボーマン替え歌

■昨年末から、タマフルで、全国のレインボーマンの替え歌を調査しています。地域と時代で、微妙なバリエーションがあって面白いです。 高知のぶら下げる型の正月飾りも、そんなバリエーションが沢山ありそう。 ■先日年輩の方に、仏壇のお供え物の話を聞いた…

インコのちから

セキセイインコの特徴として、勝手に真似をするというのがあります。リモコンの音とか、キーボードの音を自然に覚えてコピーするのです。 我が家は病人がいて、その病気特有の物音を出すのですが、私のピヨちゃんはそれを忠実に再現していました。 その物音…

セキセイインコ

わたしの愛鳥ピヨが、強風であいたドアから、外に出てしまいました。 それから二週間。消息不明です。 これは二週間前、インコ用のクリスマスリース(囓っても安全な素材で構成)に乗っていたピヨです。 リースについた葉っぱは、枯れてきたのでとって、飾っ…

上海  その3

上海在住、fさん超おすすめの「朝の魯迅公園」 お年寄りと話がはずむ、fさん(右)。 九官鳥に群がるお年寄り。銀色の鳥かごがおしゃれ。(売っているのではなく、見せているだけのようです)。 筋トレマシン的なものの上でおしゃべりしているおばあさん達。…

上海 その2

旅行中は上海在住のfさんに、豪華なレストランから庶民的なスナックのお店まで、本当に色々と連れていってもらいました。 が・・・私はあいにく、かなり体調が悪くて、いつもの半分くらいしか食べることが出来なかったのです、残念〜(涙) 地元の皆さんの集…

上海旅行 その1

荒俣本で見て、一度行ってみたかった上海。 1987年のアラマタ上海レポートには「市内全体が近代建築の展示場。いくら壊しても壊しきれないだけの恐ろしいストックが上海にはある」とあるけど、四半世紀たっているのだし、もうほとんど無いだろうと思って出発…

アラマタ

来週は17日(木)まで、上海に行ってきます。 私の上海イメージの90%は、荒俣のこの本で作られてます…(・Θ・)

スープのたね

■心身ともに絶不調(と、毎年秋に言ってる気がする)なので、休みの日は、家の周辺(東京郊外)を電動自転車でヨロヨロ走っています。 最近は近所の街のイベントに、著名な方々が来て下さる。JR中央線の下り電車に長時間揺られて来てくださる…。なので交通費…

中学の時、コーラス部で歌っていた曲=マックス・ブルッフ「美しきエレン」をyoutubeで発見。(同時期、同じ敷地内にあった大学に高橋留美子先生が在学していたことも、今、発見しました。) 「美しきエレン」は、落城目前のお城が舞台(たぶん)。悲観的な軍…

 人力車

人力車って、アジアだけのものかと思ったらそうでもないのですね。 *1 山の頂上で、そっと人力車をひいている動物がいます。かわいい… (この動物はアナグマさん、とのご指摘をいただきました。上の絵のとおり、本当に顔に縞があるんですね! ) 1707年フラ…

魔法をかけて

■芸人マキタスポーツによると*1、佐野元春氏はインタビューの原稿を直すとき、「ここを直して」というのではなく「魔法をかけて」と言うそうです。そして雑誌には、ちゃんと魔法のかかったインタビューが載るとのこと。 (そのエピソードの際、ライムスター…

日比谷で

今日は毎週欠かさず聴いているポッドキャストの催し物=「大東京ポッド許可局」に行ってきました。 場所は日比谷公園の中の日比谷公会堂で、霞ヶ関駅から公園の中を通ってすぐです。 3時頃に当日券を買って4時の開場までの間、日比谷公園を一人散策。オクトバ…

■「動物のお医者さん」で、チョビが、庭の低い柵を越えられない(ノД`)・・・的なエピソードがありました。 チョビは、太い木の切り株を引っこ抜くほどの身体能力がある大型犬なのに、庭のささやかな柵は苦手なんです。(←たしか子犬の頃のトラウマが原因で) …

「大丈夫」あれこれ

■仙台出身のお友達が、今度の震災に関して、「東北の人は、かなり辛い時でも、大丈夫です、と言ってしまう性質があるので、気持ちをくんであげる必要がある(大意)」と書いていました。 ■で、最近になって、私も「大丈夫です」と言ってしまうタチであること…

Tumblrやってます。

メモ代わりにタンブラーをやっています。 敗戦から10年くらいのカラー写真(アメリカ人による撮影)が多いです。 なぜ、かつての暮しの手帖のカラーページには、白人の若妻達が微笑んでいたのか・・・みたいなことをぼんやり考えつつ、のタンブラーです。

メンデルスゾーン I Would that My Love

コーラス部だった中学1年の時、3年生が歌っていたメンデルスゾーン女性二重唱曲。私も3年になったら絶対これを歌いたい!と思っていましたが、それはかないませんでした。(音痴だったし。)ドイツ語。Ich wollt meine Lieb' ergosse sich。化粧っけの無いお…

暮しの手帖「ある外人住宅の主婦たちとインテリア」

日本に滞在7年、ここに来る前には、福島の原発の開発にあたっていました。福島で相馬焼きを習ってから、病みつきになり、いまや陶芸家志望です。 1977年。かつての暮しの手帖は、白人の若奥様はカラーページ、日本人の中高年(苦労人)はモノクロページにの…

アニメ会の『ヲタめし!』

アニメ会の『ヲタめし!』というポッドキャストをいつも聞いています。私はアニメを見ることが出来ない体質なのに。(私は、宮崎アニメも、ちびまる子ちゃんも見ることが出来ない。) アニメ会の『ヲタめし!』は、アニメ好きの芸人4人からなるトークユニッ…

急に。

一昨日の夕方、父が急に他界しました。自宅で眠るように。 とてもあっけない・飛行機の中で見た・短い映画みたいに・というわけで、電動アシスト自転車で火葬場に行きました。喪服はリュックにつめていき、火葬場で着替えました。お葬式はしないので、それで…

鉄道の祭り

トリュフォーの華氏451や、ウルトラQなどが好きな方におすすめの鉄道研究所(最寄りはJR国立駅。アクセス方法)の祭りです。ここで半世紀前に新幹線が誕生したのです! この祭りは毎年おすすめしていますが、今年は10月9日土曜日開催です。静かに、熱く、賑…

オ○マガジンに出てこない銀座

乙女がお紅茶を飲む街=それが銀座……、みたいな特集に出てこない、昔の銀座。 バーンと大通りに面した大型キャバレー「QUEEN BEE」と、パチンコ屋。 *1 銀座の表通りなのに、夜の香りがプンプンしている点に注目です☆ (看板では「QUEEN BEE」の最後の文字「イ…

新しいガマンの美学

*1 毎日が35度前後の2010年日本。 テレビで「服屋の店員さんの季節の先取りしすぎについて」特集していました。 「客が真夏のかっこうで店に行っているのに、店員さんが冬物を着ているのは、どうなの…???」という流れの番組だった。 店員さん達は、ブーツ…

いんこウエポン

私のセキセイインコが、狭い隙間(ふすまの間)を通って隣の部屋*1に行こうと、チャレンジを繰り返していました。 4.5センチくらいの隙間なので、「羽を広げた幅からいっても、通り抜けは無理だよピヨちゃん…」と思って見ていた。 インコは何回か隙間の前でU…

木の下は涼しい

夏はどこにも行かず、近所にある“樹木の多い大学の構内”(id:NARASIGE:20100305)で涼んでいます。 毎年思いますが、大きな樹木の、空気かき混ぜ力&冷やし力はすごい! その下で読書している私は、かなり自己陶酔している人に見えるであろう…。自転車を傍ら…

“古きよき時代”のヒミツ☆

東京の某下町のお年寄り(80歳前後〜90歳くらい)に集まってもらって、お話を聞く、という催しに参加しました。私はその区の出身なのです。 かつて水路だらけだったその町は、鏑木清方の絵や随筆でも、けっこう有名。 司会の先生は、「ほら、川沿いに芸者さ…

舞妓さん・芸者さんと、植物の力(クロウトさん向けトピック)

*1 生理をキッチリ1時間止める技・痳病予防のおまじない・避妊法・アソコのお手入れなど、*2昭和40年代前半のインタビュー@京都先斗町です。 インタビューに答えている「ママ」はそのむかしの豆弥姐さん。 ■痳病のおまじない 小沢昭一)芸妓にはじめて出ら…