聞いた話

母の記憶スケッチ

母に色鉛筆を渡して記憶スケッチを頼んでみた。頭の体操になるかな〜、と。*1 出来上がったのは、いかにも昔の人が描いた絵。日本昔話っぽい絵ではありますが、母(昭和11年 1936年生まれ 76歳。敗戦の時に9歳〜10歳)は、実は横尾忠則、杉山登志、和田 誠と…

急にいなくなった母娘

70代の方から聞いた話。 敗戦から4年たった頃の下町のエピソードです。 家の近所に、ある大臣の2号さんが住んでいました。彼女の娘が、中学で私と同級生だったのです。 その大臣が死んだ後(※失踪後、怪死した。占領下日本の大事件。今でも迷宮入り)、その2…

あわせて、どうぞ。

□『Around80に聞いた話』を引き続き、lilmagさんで扱っていただいてます。7月に出したZINE「冷えちゃいけないよ」とあわせて読んでいただければ。。。と思います。 「Around80に聞いた話」を作る際に参考にしたのは、2009年にlilmagさんで知った『DUPLEX PL…

装苑7月号に

今、発売中の『装苑』。Lilmagさんの記事の中に、私が昨年末に作ったジン「around80に聞いた話」(id:NARASIGE:20120114#p1)が紹介されています、びっくりです。 Lilmagツイートより ちなみに記事中で紹介されている作品は、4月のZinester Afternoonに持っ…

英語と日本語の交換

50代の方にききました。 父は昭和30年代、アメリカに赴任して日本の製品(某有名メーカーの精密機械)を広めていました。 まさに、プロジェクトXです。 父はもともと英語が好きなたちで、子供時代は熱心に米兵に話しかけていたようです(注:このお父さん…

シャッター通りからの…

昨年の秋・冬、私はいろいろあって八方ふさがり気分になっていました。 そして昨年12月の中旬の夜、ふらふらふら…と近所(id:NARASIGE:20110802)のちょっと怖そうな酒場に入ってみたのです。 入ってみると、店は、ただ寂れていた。半世紀前は西部劇なみのエ…

はじめてのジン

■小冊子「アラウンド80に聞いた話」を作りました。今日、ZINESTER AFTERNOON & NIGHT 2011(新宿)に、持っていこうと思いますー 《12.24追記》12.23に、ZINESTER AFTERNOON& NIGHT 2011 に持っていくことができました。ありがとうございます。 ■二年前lilma…

砂のおんな

77歳の女性から聞きました ■私の育ったところは新潟県の海沿いでした。砂だらけのところで、お墓も砂で作りました。お盆の頃に毎年作り替えるのです。 子どもの頃は土葬だったので、石でお墓をつくると、何年かすると石が斜めに倒れてしまうのです。棺がくさ…

綺麗な服を着た子ども

基地の隣町で育った女性(60歳前後)から聞いた話。現在とお金の基準が違うので、“アメリカ人が基地の外に家を借り、日本女性を養う”ことができた時代の話です。 私が小学生の頃、家の近所には、アメリカ人と日本人女性が住んでいる家(ハウス)が、いっぱい…

天気と気分

ベルギーの方に聞きました。 ベルギーは、天気の悪い日が、ずっと続きます。天気が悪いと、depress…?落ち込む…?すごく落ち込みます。たまに晴れると、みんな、急に気持ちが明るくなります。晴れの日のカフェの外の席は、満員です。 日本の夏は暑いけれど、…

お嬢様と、ビール瓶と、デパートと。

下町の老舗商店のお嬢様(現在、70歳代)から聞いた、敗戦間もない頃の話。その人のお父さんは議員さんで、その土地の名家です。 子どもの頃、米軍の大きな船が、近所のスミダ川にずっと停泊していました。1年とか2年とか、そういう単位で船がずっといたので…

イケア、都内初出店予定の街から

基地だった街の長老グループから聞いた話。ちなみに、その基地の跡地の一部を、2010年IKEA が落札しました。 *1 ■ロッキード事件のO氏(「記憶にございません」)は、基地内のスクールバスの権利を持っていた。バスは、全部、いすずだった。 ■某大手タクシー…

黙るタイプの人

アラ還(役所勤め)の女性から聞きました 前に、仕事先で「少年飛行兵の碑を作ろう!」と提案する人がいたんですよ。それを見ていた別の人は、「あの人は、実際に戦争にいかなかったから、ああやって碑を作ろうとか言っていられるんだ。自分のように、行った…

夏の靴下事情など

■1955年頃(敗戦から10年)、都心のお洒落命のOLさんだった方に、夏(冷房のない時代)のストキングについて聞いてみました。 シルクのストッキングだったから、そんなには、暑くなかったような気がします。ただ伝線するんですよね。伝線をかがる店が今の「…

赤坂ナイトライフ

70歳くらいの男性から聞きました。 赤坂のニューラテンクォーター(力道山が刺されたことで有名なナイトクラブ)で、好きなホステスがいると、東急ホテル(=東京ヒルトンホテル)に行きました。一応、ホテルのバーで飲んで、バーテンにピッと合図すると、部…

死の恐怖と、散財

*1 基地の町で飲食店をしていたお年寄りから聞いた話です。 朝鮮戦争(昭和25年〜)の頃には、米兵相手に、濡れ手に粟でずいぶん儲けをさせてもらいました。1ドル360円の時代だったし。 米兵は、ずっと戦地(朝鮮)にやっておくと精神的におかしくなっちゃう…

女子と、座布団とミニスカート

地方の旧家出身の女性(アラ還)から聞いた話。 大正生まれの親は、「女の子は座布団の上に座れ、女の子は冷やしちゃいけない、ミニスカートは絶対ダメ!」と、もう、うるさくて、うるさくて。 高校生の頃、ミニスカートを近所の人に仕立ててもらったけれど…

ウエストに何か巻きたい

■本郷育ちの方から聞いた話「明治生まれの母は、キモノしか着ませんでした。夏は家の中では仕方なくアッパッパ(簡単なワンピース)を着ていましたが、なにか締めてないとイヤみたいで、アッパッパの上から伊達締め(画像↓)をしていました。 パジャマの時も…

数寄屋橋に、宿泊

■Lilmagさんで教えていただいたDuplex Planet No.185 今号ではミルウォーキーの高齢者施設を訪問して出会った人々をフィーチャー。ロングインタビューで読ませるのではなく、個人のちょっとしたエピソードや仕草のようなものを写し取る「超短編」が並ぶスタ…