銀座二十四帖

1955年・川島雄三
ちょうどスラーーリとした岡田真澄さんが出ていて…合掌。

広告を非表示にする