足は、放熱のためのラジエーター

ねむりごとさんのブログより

このクールビズ、腰より上ばかりが注目されているが、その下はあまり注目されていない。や。パンツの柄や生地のことではなく、足元のことだ。

いくら涼しげな格好でも、蒸し暑い日本の夏に靴を履くのは白鮮菌の温床にもなりあまりよろしくない。そこでせっかくなのだから足元も涼しくサンダルを履いてこそ、真のクールビズではと思う。

■「ミツカン水の文化センター」サイトより

また放熱のためのラジエーターの役割を果たす足を、革靴で包むことやめれば、もっと快適なはずです。

ミツカン水の文化センターよりは、湿気から目をそむけないサイト。

湿気を「なかったこと」にしないサイト。

湿気の国に生まれた私らは、「海の上のピアニスト」のティム・ロスが船の揺れに平然としているように、多湿の中でもかっこよく生きてみたい……。

※と、ここまではミッシリ着込んだ男性向けのお話。女子のみなさまは、【足は放熱のためのラジエーター】を脳ミソに刻みこんで、むやみに放熱しないようにいたしましょう♪

■関連話題 つま先の風通しがよい文化