内股オペラ

蝶々夫人役のオペラ歌手のお話。→■。体調管理にものすごく気をつかっているそうです。

歌は肉体をフルに使います。まるでスポーツ選手のように(中略)しかし、着物で歌うときは内股で中腰を維持しなければならない。この姿勢が非常につらいという。

 「ドレスならば足を踏ん張って歌えるのですが、和服は足のラインが出てしまいますから隠しようがありません。本番までは毎日この姿勢で歌うことになるので、肉体的な疲労も激しいでしょう。これからはスピーディーに体力を回復できる自分流の健康法を見つけ出さなければなりませんね」

そんなに「肉体的な疲労が激しい」とは、可哀想〜。楽な立ち方でノビノビ歌った方が…

画像は外股で踏んばってる少女達です。

長崎大学図書館より

広告を非表示にする