本場のファンシー


小さな、小さな、日本の家をファンシーに改造しているU.S.ア〜ミ〜の家族(1957)。

強引すぎる改造ですが、先祖代々やってきたことがナチュラルに噴出している雰囲気が可笑しい。“ワタシら開拓時代からこうやってきました”みたいな。

日本人がこういうのを作ると、どうしても「学習した」「がんばった」感が出ますよねー。外国のものだから仕方ないんだけど。

ちょうど半世紀前の成増の写真です。拡大はこちら。
ttp://freepages.genealogy.rootsweb.com/~bulger/army27.jpg
(Pat Killen & Laura Ann Carpenter, Saturday, June 15, 1957 )

その他の東京の半世紀前の写真は、こちら。鮮明な画像が大量にあります。

広告を非表示にする