貼りたい!貼りたい!

有楽町の無印良品と、隣接するビッカメ(のぼりを立てて大騒ぎ)。両者の芸風が、水と油で、気の毒やら可笑しいやら。

画像は半世紀前の酒屋さん。狭い場所に・行き当たりばったりに・様々なフォントの看板を貼っています。ビッカメも、21世紀の日本の駅前も、大体これのバリエーションですよね。とにかく貼って、貼って、貼りまくる。

今、東京駅周辺は、「せーのッ!」で静謐さを演出しているのに、ビッカメだけは、貼りたいという欲望にとても忠実♪

■関連話題 看板に埋もれてしまった白亜の殿堂、有楽町日劇