ヨルの昭和史


東京アンダーナイト―“夜の昭和史”ニューラテンクォーター・ストーリー

東京アンダーナイト―“夜の昭和史”ニューラテンクォーター・ストーリー

赤坂にあった“東洋一”のナイトクラブを、オーナーが語った本。
かつてナンシー関が、蘭の花のことを“豪華だけど下品な状況に似合う花・・・”的なことを書いていましたが、蘭の花的ゴージャスな本です。


とっても華やかで、とってもコワイ。(ちなみに文章は淡々としている。余計、こわい)


国内・国外のスタアの皆さん*1と、クロ社会の皆さん、が交互に次々と登場します。


“後世の人がイメージを膨らませてワクワクしながら書いた本”ではないので、(私にとっては)読みやすかったー。


ナイトクラブはホテルニュージャパン(火災で33人死亡)の地下にあり、現在、跡地にはプルデンシャルタワーが立っているそうです。

*1:勝新とかシルビー・バルタンとかトム・ジョーンズとか

広告を非表示にする