ロックスタアと、戦争



ザ・フーのドキュメンタリー映画「アメイジング・ジャーニー」を見ました。
オープニングは、まず第二次大戦の廃墟から。


戦争で破壊された街がガンガン出てきて、ザ・フーの人たちが、

俺たちは、ちょうどこの頃生まれたのさ。


食べ物は、配給制だったのさ。


瓦礫がいっぱいあるから、レゴはいらなかったのさー

的なコメントをしてゆきます。



もし敗戦国・日本のロックスタアが映画を作るとしたら、こういうオープニングにはしないのでは。*1



以前も書いたけれど、イギリスの食パンのCMでも戦争による瓦礫のシーンが挿入されていて、日本じゃありえないと思った。




■あと日本の場合、敗戦の前後の装いが微妙〜〜な和洋折衷だったのも、過去を振り返る上でブルーな気分になる(意外に大きな)要因かと。【関連話題 国民服の流行

こういう感じの・・・↓


映画のナルニア国物語はイギリスの学童疎開シーンからスタートしたけれど、
あれがもし国民服で坊主頭の世界だったら、タンスの中に違うストーリーが展開しそうじゃありませんか。

*1:あったとしても、“オレはたまたま基地の街で育ったから、戦勝国の文化に誰よりも早く触れることが出来たのさ”くらい?