コーラのCMと哀しみ

■ライムスター宇多丸氏が、日本のコーラCMの歴史をたどる(ポッドキャスト)。


コーラにまつわる日本を振り返った時の、むずがゆさ!痛々しい嬉しさ!哀しみ!嫉妬!


60年代のエレキ加山雄三〜70年代ポパイ西海岸期
http://www.tbsradio.jp/utamaru/2008/08/post_307.html


調子こいてる80年代以降〜90年代
http://www.tbsradio.jp/utamaru/2008/08/cm.html


日本が豊かになるにつれ、CMに登場する人物が、日本のスター→無名の外人たち→矢沢永吉→日本の美男美女→一般人ぽいオジサンオバサンなど、変化していく様子がわかります。



■1969年。コカコーラデリバリーマン。木のケースでビン入りですねー*1