読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子と、座布団とミニスカート

地方の旧家出身の女性(アラ還)から聞いた話。

大正生まれの親は、「女の子は座布団の上に座れ、女の子は冷やしちゃいけない、ミニスカートは絶対ダメ!」と、もう、うるさくて、うるさくて。


高校生の頃、ミニスカートを近所の人に仕立ててもらったけれど、親が、ほどいて丈を長くしてしまいました。しょうががないので裾をおろした「線」が入ったままスカートはきました。「線」って消えないんですねえ。


親は、ミニスカートの形そのものが嫌いなのと、冷やしちゃいけない、の両方があったと思います。


今はミニの人もいれば、長いスカートの人もいるけれど、昔は、ミニスカートが流行ったら、全員ミニスカートになっていたんですよ・・・・


結局、ミニスカートをはいたのは、都会に出て社会人になってからです。


参考画像 婦人之友 1971年の洋裁の本。左の人、すごく真面目そう。