読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞妓さん・芸者さんと、植物の力(クロウトさん向けトピック)


*1


生理をキッチリ1時間止める技・痳病予防のおまじない・避妊法・アソコのお手入れなど、*2昭和40年代前半のインタビュー@京都先斗町です。


インタビューに答えている「ママ」はそのむかしの豆弥姐さん。



■痳病のおまじない

小沢昭一)芸妓にはじめて出られたのは?


ママ)はじめて出たのが、昭和9年の3月2日どす。午前11時の店出しどした。11時にちゃんと舞妓さんの衣装つけして、火打ち石をコンコンとしてもろて、ほして「あんたには五千円ちゅう、借金貸したんやさかい、おきばりや」とおいやした。(中略)


永六輔) 痳病のおまじないだとか、いろんな話をしてください。


ママ) お客さんと寝て帰ってきますわな。朔日と15日と25日に榊あげますな。その榊をとっといて、煎じて飲みますねん。オンソラソラソワテーソワカいうて、それ飲みます。5分ほどしたら、おちょうずが一升ほど出ますわ。お医者さんに聞いたら尿道を洗うもんが榊に入ってますねんて。

■生理を止める法、避妊法など。

永六輔) 灰を飲んでメンスをとめるのは・・・


ママ) 不浄のとき、だんなさんがお出でやしたら、灰をひとつかみ、ぐっと飲みますねん。火鉢の生灰どす。きっちり1時間とまりますねん。東京とか横浜からだんなはんが来やはって、奥さんやったら、今日は月のもんでいうて済むけど、外のものがそんなん、あかんさかい、それで飲んだはるねん。ピチッと止まりまっせ。これは絶対・・・・。


小沢昭一)1時間止まれば大丈夫だね


ママ)子供でけても責任もたはれしませんお客さんやったら、梅干しの皮をギュッと、奥に入れますねん。


(中略)


小沢昭一) むかしから「ねぶり屋さん」って多いもんなんですかね。いま、ねぶりがたいへんはやっているらしいけれど・・・


ママ)うちらは、小学校3年くらいから「開いて、石けんできれいにお洗いや、男はんの唇のいい散歩道やさかいな」といわはる。

*1:http://kimono.moo.jp/manga/manga39.html

*2:「遊びの道巡礼」より「しのぶ思いを振り袖に淡く哀しい舞妓人生」