木の下は涼しい


夏はどこにも行かず、近所にある“樹木の多い大学の構内”(id:NARASIGE:20100305)で涼んでいます。


毎年思いますが、大きな樹木の、空気かき混ぜ力&冷やし力はすごい!


その下で読書している私は、かなり自己陶酔している人に見えるであろう…。自転車を傍らに置いているから余計に。でも、本当に涼しいし、涼しさに毒がないのでしょうがないのです。


冷房の涼しさを白砂糖とすると、樹木の涼しさはメープルシロップとか黒砂糖。白砂糖や冷房の涼しさは魅惑的だけど、体の中では恒常性の維持に大わらわ!!な感じがする。


ちなみに、同じ大学構内でも、樹木のないエリアは別の大陸かと思うほど暑いです。

広告を非表示にする