不安とキモノ その2

「きもののすべて」(昭和40年)は、敗戦前後の空白の10年に着物の知識をすっかり失ってしまった日本女性、着物に不安を抱く昭和40年の母娘に向けた本です。挿絵はいわさきちひろ


しかし大正7年生のいわさきちひろさんは、シロウトさん風と、クロウトさん風を自然に描きわけるなあ。(関連話題 衣紋をぬく街 ぬかない街



かたいお嬢様




さんざん遊んできた風情



■さてさて。


【母から娘へ受け継がれるはずのキモノ知識を失ってしまった】→【すごく不安】→【そうだ、佳○乃さんに聞こう!】と、なってしまいがちな21世紀ですが、シロウトさんはシロウトさんならではの良さもあるというわけで・・・・・以下明治生まれの女性の言葉を引用・・・します。

そのへんの奥さんは、1人の人に好かれればいいんだから。ご主人が野暮ったいのが好きっていうなら、別 に野暮ったくていいんですよ(笑)。