読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語と日本語の交換

50代の方にききました。

父は昭和30年代、アメリカに赴任して日本の製品(某有名メーカーの精密機械)を広めていました。


まさに、プロジェクトXです。


父はもともと英語が好きなたちで、子供時代は熱心に米兵に話しかけていたようです(注:このお父さんの育った場所は、進駐軍に接収されたビルや病院が非常に多いエリアでした。)


父は、米兵たちの話す日本語が‥‥その、つまり‥‥女の人の言葉というか、“おねえちゃん”の話す言葉なのがすごく印象的だったと言っていましたね。


□この逆パターンで、日本の“おねえちゃん”に米兵の英語がうつったケースもあったでしょう。【関連話題】「ベラベラと」英語を話す女性の過去 id:NARASIGE:20110128


イメージ画像 危険な毒花 (1957年) より