読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フランス製のコットンタイツ

「自分」整理術 好きなものを100に絞ってみる

「自分」整理術 好きなものを100に絞ってみる


まぶしい話題がぎっしりの本です。特に印象的なのは「タイツをキュートに穿きたい」という章で、サマー・ドレスに黒いタイツをあわせる女優ズーイー・デシャネルや、フランス製のコットンタイツなどが紹介されています。その中で

海辺のリゾートならともかく、素足のまま夏の街で過ごすのは危険です。冷房でひどい思いをしたことが何度もあります。


と書かれていますが、これは、本当にそう思います!そして「素足のまま夏の街で過ごすのは危険です」という文が、いわゆる健康読本ではなくて、こういう本にスッと書かれているのがまた素敵なのです。



(夏の私たちって、知らない間に緯度が違うレベル*1の温度差を瞬間移動しているんです。冷えきった電車から灼熱のホームへ‥‥フライパンのような道路から冷えた屋内へ‥‥21世紀の夏、丸腰の外出は避けたいですね!)



「自分」整理術 好きなものを100に絞ってみるは、「タイツをキュートに穿きたい」の次のページが「古本屋で獅子文六を探す楽しみ」なのも嬉しい!


獅子文六といえば、「但馬太郎治伝」は日本女性の洋装の歴史・健康・体質について考えるのにピッタリの本かもしれません。みなさまにもぜひ読んでいただきたいです→id:NARASIGE:20090506






【関連話題】三島由紀夫「恋の都」の冷房事情 id:NARASIGE:20080704
【関連話題】都市の環境は、さりげなく過酷 id:NARASIGE:20100503

*1:聖☆おにいさん」3巻より。イエスが真冬のアパートで「だって、トイレって緯度が違うレベルの寒さじゃない!?」と言っていた。