読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海沿いの歓楽街

先日、江東区の中川船番所資料館に行きました。そこには江東区の面積がめまぐるしく増加する様子が展示されていました。内陸の市町村では見られない現象です。

 

江東区って江戸時代から埋め立てが続いているから、どんどん土地が増えていくんですよね。もともと海辺だった場所も、時代とともに内陸っぽい立場になっていく。そこで驚いたのが、一時期の洲崎がかなりの海っぺり、ウォーターフロントにあったということ。

 

洲崎は、もともと本郷にあったのが教育上よろしくないというワケで移転したのは薄ぼんやり知っていたけど、こんな海っぺりに移されたと知らなかった。(そのあとはまた海沿いが埋め立てられるから洲崎もズンズン内陸になっていきます。)

 

 

洲崎が海っぺりだったことの微かな証拠として下の絵(昭和3年 現代漫画大観「日本巡り」より)をご覧ください。これは、東京湾をボートでめぐる悪ガキの心象風景とでもいうのでしょうか。ざっくりと海沿いの名所が描かれおり、「台場」「越中島の商船大学(現在の海洋大学)」「芝浦」「佃島などの地名が見えます。これらの土地は今でも水辺のイメージがあるけれど、ここでは「洲崎」も水辺グループに含まれている点に注目したい。

 

 

f:id:NARASIGE:20150918060118j:plain

 

広告を非表示にする