モボモガと村山貯水池

f:id:NARASIGE:20160415203053j:plain

 

昭和3年「現代漫画大観 日本巡り」より、村山貯水池付近を散策するモボとモガ。

 

Google マップ

 

 村山貯水池は、通称「多摩湖」。大正5年から昭和2年の間に建設されました。

 

地図で解明! 東京の鉄道発達史 (単行本)には、昭和13年に西武鉄道が村山貯水池を日帰りできる景勝地として大ブッシュしているパンフレットが掲載されています。パンフレットは、高田馬場からわずか30分!とうたっており、菊池寛による賛辞の言葉〝京都に行かなくたって村山貯水池で山紫水明気分が得られるよ(大意)〟を使って村山貯水池のステキさをアピールしています。

当時の西武は村山貯水池付近にお洒落な洋館ホテルも建てている。人造の湖と洋館ホテルの組み合わせ。洋装のモボやモガはここに宿泊して、欧羅巴のどこかにいるつもりになれたのたかもしれません。

 

村山貯水池が恋愛の舞台になった小説に大岡昇平の「武蔵野夫人」があります。村山貯水池脇のホテルで不倫カップルが、一線を越える・越えないで大騒ぎする話。この小説が発表されたのは、昭和25年です。西武が村山貯水池推しの派手なパンフレットを作ってからわずか12年後の話なのですが、その間に日本は敗戦を体験し、時代は大きく変わりました。湖畔のお洒落ホテルも敗戦をはさんで超さびれてダサくなってしまった様子が描かれています。(この湖畔ホテルに限らず、戦前はモボモガの憧れであったモダン施設が、戦中戦後に荒廃し負のオーラを放つというケースは「京王閣」「花月園」をはじめとして、かなり多かったのではないかしら。)

 

narasige.hatenablog.com

 

 

「武蔵野夫人」に出てくる村山貯水池の説明文を読むと、冒頭の風刺漫画でモボとモガが軽薄そうに散歩していたことが、誇張じゃなかったことがわかります。

「この丘陵の懐は、つまり東京都の水道を賄う村山貯水池にほかならず、ちょうど富子の女学生時代にそれが竣工し、谷を埋めた人工の湖の景観が、東京市民ことに男女学生の興味を引いて、湖畔にいわゆるアベック休憩のホテルがあるのを彼女は知っていた。」

文中に出てくる「富子」というのは、コケティッシュな発展家タイプの女性で小説の中では30歳という設定。西武のパンフレットが昭和13年に、村山貯水池を身近な景勝地!として売り出していた頃が、まさに彼女の女学生時代。富子は女学生時代の記憶を元にして、村山貯水池のホテルに若い男を誘うのです。

  

 

 

■さて、村山貯水池には隣接する狭山公園というのがあります。狭山公園も昭和13年の西武鉄道パンフレットに大きく美しく描かれている場所。

レッドアローとスターハウス: もうひとつの戦後思想史 (新潮文庫)には、狭山公園が1960年代に「アカハタまつり」の会場となった歴史が取り上げられています。西武鉄道は「アカハタまつり」の日程に合わせて新宿と池袋で特設切符売り場を設け往復割引券を発行しましたが、西武の機関誌にはアカハタ祭りの記事はいっさい出ていないそうです。