読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

武蔵野夫人

武蔵野夫人を読んだ。

占領下に発表された小説。

 

舞台となる場所は、「多磨地区は軍都だったッ」的な本でおなじみのエリアなので、敗戦後は接収されてる場所 もあるだろうに、進駐軍のことはほとんど出てこない。唯一出てくるのは、登場人物の間で「近所の飛行場(調布飛行場)に進駐軍が来るから(自害用に)青酸カリ持っとく?」みたいな話になった時に、外国文学を学んだという設定の登場人物が、自分は米兵の礼節を信じているから☆と青酸カリの件を一笑に付すシーン。こいいう肯定的な表現はOKなのですな。

 

駅の前にパンパンがいても「パンパンとその客」と書いてあって、「客」がどういう人なのか一切書いてない。

 

そのほか、

「街道には外国の車がひっきりなしに走っていた」

「飛行場の将校集合所」

「碧の濃い秋空にはどこを飛ぶのか飛行機の爆音に充ち」

と、占領に関することは、全部、漠然とした書き方。当時の読者はこれで十分すぎるほど理解出来ただろうけど、後世の読者にはわかりずらいかも。

 

久生十蘭の「母子像」でも、厚木の米兵のことは「毎土曜日の午後、朝鮮から輸送機でつくひと」と、びっくりするほど曖昧に書かれています。

 

小説の中では、ぼかされているアレコレですが、銀座の標識には飛行場の場所としてバッチリ明記されているのでした。武蔵野夫人のすぐそばの調布飛行場をはじめとして、府中、立川、入間など飛行場や通信施設のある場所までの距離が一目瞭然。

 

narasige.hatenablog.com 

narasige.hatenablog.com

narasige.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする