邸宅のその後

 高見順「敗戦日誌」には、敗戦の年(昭和20年)10月1日の日記に、向島の大倉別邸(wiki)が、進駐軍慰安所になったという記載があります。

 

大倉別邸って、帝国ホテル帝国劇場とかを作った大倉財閥の設立者の別邸ですよ。

 

十月一日
三木清が獄死した。殺されたのだ!
墨堤の大倉別邸が進駐軍慰安所になる。
一度暇を見て向島の移り変わりを見に行かねばなるまい。

 

私は何年か前、墨堤の大倉別邸がなぜか千葉県の船橋に移築されているのをネットで知り、見に行ったものでした。

道路の向かいは「ららぽーと」、背景は団地群、といった環境の中、唐突に大倉別邸が立っていて違和感はすごかったです。大倉別邸は某ホテルの敷地内にあるのですが、この建物の由来を説明する掲示物等は無く、雨戸も閉められた状態でした。

 f:id:NARASIGE:20090921144644j:plain

↑大倉別邸

 

f:id:NARASIGE:20090921145013j:plain

↑隣接する団地

 

こんなに立派そうな建物を説明する掲示物が無いなんて。過去のアレコレがあるから、冷遇されているのかなって思っておりました。

 

 

 

 

それから数年たち、先日、墨田区の観光案内を見ていたら「大倉喜八郎別邸跡」というのがドーン!とマップで紹介されているじゃありませんか。写真はなく「財閥を築いた大倉喜八郎が、明治43年に建てた別荘。現在は千葉県船橋市に移築。」と文章が記載されているだけですが。

 

大倉喜八郎別邸が、船橋で冷遇(?)されているのを見た私としては、元々建っていた場所である向島に何の痕跡も残っているはずない!と思い込んでいました。しかし観光マップに堂々と出ているのだから何かしら残っているはずです。いったいどんなものだろう!と、見に行ってきました。

 

だって財閥を築いた大倉喜八郎氏にまつわる史跡ですよ。きっと墨田区の石碑(文化の散歩道☆的な)があったり、関連企業がこしらえた記念碑があったりするのかも、と予想していたのです。しかし、それは大きく裏切られました。

 

解体前の倉庫の草ボーボーの植え込みに、経年劣化でほとんど読めないプレートがあるだけという、かなり寂しい状況だったのです。しかもプレートを書いた主はその倉庫会社というテイになっていて、墨田区や大倉氏関連の企業が関わった形跡は無し。あららー。やはり敗戦時の出来事の余波が、堂々とした記念碑的なものを作らせないのでしょうか。

f:id:NARASIGE:20160529104730j:plain

 

 

 

f:id:NARASIGE:20160529105012j:plain

↑倉庫の解体を示す看板

 

 

参考資料「色の道商売往来」より、小沢昭一と、RAA関係者の対談(昭和40年代)

[小沢] マッカーサーの名前が出ましたが、進駐軍の高官の接待、これもいろいろご苦労があったと思いますが・・・・

[鏑木] そのために大倉別邸を手に入れたわけです。大倉さんの別荘には、有名な陛下がおいでになった部屋がありますね。あの部屋に、マッカーサーをはじめホイットニー中将をの他をよんだわけです。

[小沢]そういうご連中にご婦人は・・・・

[鏑木]やっぱり施設の若いコです。

[小沢]と、GIのあとから司令官が抱くというわけですか。

[鏑木]そういう点、アメリカは平等ですな(笑

[小沢]しろうとのお嬢さんを世話しろなんて、おねだりはありませんでしたか。

[鏑木]おねだりもありました。ただ日本の女は毛唐崇拝の念が強いから、案外こっちは苦労しないで喜んでいきましたね。

[小沢]あのころ、RAAの女性の平均年齢はいくつくらいでしたか。

[鏑木]22.3でしょうね。

[小沢]その方達は今生きていれば、50近い。当時のカネで相当ためた女もいるでしょうね。

[鏑木]ためた女は少ないです。

[小沢]あれで稼いだ金ってどうしてたまらないんですかね。

[鏑木]やっぱり荒稼ぎというんでしょうね。地道な稼ぎ方じゃないから・・・・・。

 

広告を非表示にする