インドア派のための『地形を体感する午後』(5月20日・東京都国分寺)

本屋さんには、タモリの本やスリバチの本等、地形をテーマとした本が並んでいますね!私は地図が読むのが苦手な上、ゆるい傾斜を歩くとすぐ疲れてしまうタイプなので本当に憧れの世界です。

 

そこで、畳の部屋に座っているだけで自動的に地形が体感できる、都合の良い集いを開くことにしました!

なぜ畳の部屋でソレが可能かというと、明治末期〜昭和初期、国分寺の崖線沿いにお金持ち達が地形を生かす気まんまんで別荘をたてており、今回の集い「インドア派のための『地形を体感する午後』」は、そのうちの1つ殿ヶ谷戸庭園(旧岩崎邸)内の和室を借りて行うからです!

 

会場は途中入室退室可です。数分ほど見物したあと帰るもよし、読書・昼寝・園内散策でのんびり過ごしていただくのもOK。ご参加お待ちしてます。

 

日時:平成30年5月20日(日) 13時30分から16時(途中入室退室可)

場所:殿ヶ谷戸庭園「紅葉亭(こうようてい)」公式サイト

読書会という形で予約をとっています。

注意①:会場はデリケートな古い建造物のため、お子様の参加はご遠慮ください。

注意②:園内の起伏が激しいので、散策希望の方は滑りにくい靴でお越しください。

料金:庭園の入園料が150円かかります。

ご予約:不要

 

 

持ち物:ご自分用の飲み物(アルコール不可) 。もし皆さんに見せたい地形関係の本等があったらお持ちください。私も閲覧用に少し持っていきますー。

 

写真上方にちょっと見えるのが、会場の紅葉亭です。

f:id:NARASIGE:20180501150749j:plain

 

 

 

 

以下【参考資料】水と緑のひろば71号よりf:id:NARASIGE:20180425204040p:plain

 

国分寺の崖線沿いの別荘の例

日立中央研究所(旧今村邸)

三楽の森(旧前田邸)

はけの森美術館(旧小橋邸)

滄浪泉園(旧波田野邸)

はけの森美術館(旧小橋邸)

実篤公園(旧武者小路邸)

静嘉堂文庫(旧岩崎邸)

など!