2007-06-04から1日間の記事一覧

 健やかな花魁

「おいらん女中」(獅子文六・昭和33年)は、明治時代の吉原の花魁が、真面目な女中へみごと転職した小説。ネットリした情念とは無関係の、ほのぼのストーリーでした。しかも、1年間びっしり「粘膜と粘膜の接触」をしてきたお客さん(エリート帝大生)の新婚…

 酒粕パック

サロン★ド★勝負―“キレイ”に効く美容術に出ていた酒粕パック(酒粕を湯で溶いて顔に塗るだけ)が、楽しいです。安いし。色が白くなるらしい。私は、甘酒の香に惹かれつつも、実際飲むと気持悪くなるタチなので、匂いだけが楽しめる酒粕パックは好都合。