豪華な遊園地が競輪場に変身するケース


戦前に出来た2つの遊園地が、敗戦後、競輪場になりました。


1つは、調布の「京王閣」。そして、もう1つは東京と横浜の中間にあった「花月園」。いずれも豪華な遊園地でしたが、敗戦後間も無く競輪場になったのです。


まず1つ目の京王閣について。建物の様子はこちらのブログが詳しいです。
fkaidofudo.exblog.jp



調布飛行場から約2キロの距離にある「京王閣」は敗戦後に競輪場になるまでの期間、「RAA」(特殊慰安施設協会)の“施設”として利用されていました。そのいきさつについては、こちらのブログをご覧ください。
kokontouzai.jp

RAAは、敗戦後、まずは「飛行場の近く」と「京浜地区」の建物を接収し、女性を集めて“施設”を作ったようです。←進駐軍は京浜地区を通って東京に入ってくると予想されていたため。


東京の遊園地 (1981年) (東京公園文庫〈39〉)によると、京王閣は、遊園施設としてはメリーゴーランドがあった程度で、中心の施設は京王閣の建物自体だったようです。なぜ、豪華な建物があっという間に消滅してしたのか、という話ですよね…


イメージ画像その1 銀座の標識。調布・府中・立川・入間など飛行場や通信施設のある場所までの距離が書かれています。

イメージ画像その2。敗戦の年の東京の光景です*1


2つめは横浜と東京の中間にあった花月園京王閣と同じく、遊園地が敗戦をはさんで競輪場に変身したパターンです。花月園ダンスホールに加え、園内にホテルが5つと瀟洒な貸別荘も存在したとのこと。新橋の料亭の経営者が贅を尽くして作った遊園地で、「痴人の愛大正13年)」では、「ナオミ」が出没しそうな場所として花月園の名が挙げられています。痴人の愛」の譲治は、ダンス好きの「ナオミ」が銀座のダンスホールで知り合った「毛唐」と「京浜間を往復」して遊ぶことを心配しています。市役所が出している「花月園」の本を読むと、「児童本位の遊園地」「児童本位の遊園地」という言葉が何回も繰り返されるのが、とても印象的です。なぜそ「児童」をこまで繰り返すのでしょうか?

↓これはその本に出ていた戦後の花月園の写真です。「児童本位の遊園地」にいる進駐軍