城戸崎愛さんと、松本清張と。

 

戦火とドーナツと愛 (be文庫)

戦火とドーナツと愛 (be文庫)

 

戦時中に女学生だった城戸崎愛さんの自伝です。野中モモさんの記事で知り、早速、購入しました。最近の私は松本清張になっているのでw、「戦火とドーナツと愛」を読みつつギクっとする箇所がいくつかありました。

 

それは、城戸崎愛さんの「兄嫁の父」にあたる人が、若い城戸崎愛さんに「東京裁判の傍聴券」や、日本に出まわる前の抗生物質などをくれるという部分。なぜ「兄嫁の父」がそのような貴重品を入手できたかというと、彼はGHQに関わる仕事、それも日銀の地下に眠っている接収ダイヤの鑑別&通訳の仕事をしていたというのです。

 

日銀の地下に眠るダイヤといえば、まさに、松本清張「日本の黒い霧」下巻の「征服者とダイヤモンド」案件ではないですか!

 

「征服者とダイヤモンド」をざっくりまとめると、"戦時中に供出された大量のダイヤモンドを終戦GHQが押収した。しかしダイヤの扱いは超どんぶり勘定。何者かによってダイヤがごっそり持ちさられていたが、記録が全然ないため、真相は闇の中"ということです。

 

「征服者とダイヤモンド」によれば、当時、日銀の接収ダイヤの鑑定を行った日本人は、まず指紋をとられた上でGHQの監督者の目の前で鑑定したそうです。しかも鑑定した結果の記録はとれない。記録はアメリカ側が行うからです(そんなー!)。その鑑定者の1人に城戸崎愛さんの「兄嫁の父」が含まれているのかどうかはわかりませんが「鑑別と通訳に駆り出され」た「兄嫁の父」が相当ピリピリする環境で働いていたことは確かでしょう。

 

接収解除貴金属及びダイヤモンド関係事件の議事録(昭和28年)がありますので、引用します。

戦時中ダイヤモンドの供出が予想の九倍にも上る成績を収めたことは、皇室が率先して由緒ある王冠を御下賜になつたことにその大いなる原因があつたと、容易に想像されることでありますが、この重大な役割を果した御下賜品に関しては、奇怪なことに、その事務的な処理の経過が不明瞭であり、お下渡しに関する一切の書類は通産省にも宮内庁にも発見されず、加うるに王冠の白金、金、その他の宝石等、さらに宮内省に預託された大粒ダイヤ五顆の行方が現在判明していないということはまことに遺憾なことに存じまして、特に皇室関係ダイヤモンドの行方について明らかにしていただくために、本日出頭を求めた次第でありますので、何とぞ率直に御証言をお願いする次第であります。

 消えた皇室のダイヤモンド‥‥まるで映画です。

 

また、城戸崎愛さんの「兄嫁の父」は御木本真珠店に勤務していたそうです。そのくだりを引用します。

私の兄嫁の父が、御木本真珠店に勤めていたからです。(中略)ところが、日本人が戦争に負けて、ご存知のようにマッカーサーが厚木に第一歩を踏み入れ、やってきました。そのとき、敗戦国としてどのような歓迎をしたらいいものか、検討が重ねられました。そのひとつに、アメリカの高官の「夫人たちの首を真珠で締める」という御木本幸吉の案があったようです。つまり、真珠の贈り物で大いに、心証をよくしてもらおう、ということだったのでしょう。難しい外交の影には、こんなエピソードがあるのですね。

 

「夫人たちの首を真珠で締める」という部分を読んだ時、再びギクっとしました。敗戦直後の日本を記録したマーク・ゲインの「ニッポン日記」に、「安藤」という「ギャングの親分」が大粒の真珠の首飾りをアメリカの女性記者にプレゼントするシーンがあるからです。(「安藤」は「東京自家用自動車協会」の会長で、ガソリンの配給・トラックの一隊・各種の建設工事・夜の女達まで幅広く支配しており、皇族とも関係が深い大物。なんだか「アイリッシュマン」っぽいですね。)

以下、「安藤」の事務所にマーク・ゲインの一行が行った際、真珠の首かざりをプレゼントされた箇所を引用します。

ニッポン日記 (ちくま学芸文庫)

この広い部屋は高等売春婦の寝室と銀行家の私室の奇妙な複合物だった(中略)吉田の通訳で、安藤はアメリカおよびアメリカの新聞特派員に対して彼がいかに愛情をもっているかをのべた。(中略)「何か記念になるようなものでも」と言いながら、安藤は電話機の一つを取り上げた。まもなく若い婦人が現れて、小箱を安藤にわたした。彼はそれをあけ真珠の首飾をとり出し、「マーチン夫人ご来訪に対する感謝のしるしに」と言った。リーは何か言おうとしたがうまく言葉が出ないようだった。安藤は彼女の軍装のシャツの襟に、その首飾りをかけたが、リーはそのときもまだ一生懸命抗議中だった。「畜生、何百ドルもするにちがいない」とN大尉がいった。真珠は大きくいい"つや"をしていた。

まあ、これも、真珠による外交なんでしょうね‥‥きっと。

 

↓「安藤」については、松沢呉一さんのブログに詳しいです。

www.targma.jp