ヒリヒリする「ユーモア小説」

久しぶりに、獅子文六の「南の風」を読み返しました。

南の風 (朝日文庫)

南の風 (朝日文庫)

  • 作者:獅子文六
  • 発売日: 2018/06/07
  • メディア: 文庫
 

 「南の風」の裏表紙に「幻のユーモア小説」とありますが、これ、新型コロナの時代に読みかえすと、けっこうキツいです。以前は、フンフンと読み飛ばせていた部分も、いちいちヒリヒリする。「南の風」は昭和16年5月〜11月に新聞連載された小説で、主人公が属する上流階級にも「時局の影響が、現れだした」頃の話です。

 

具体的なヒリヒリ・ポイントは、「征伐」する男が出てくるところです。今でいう自粛警察ですね。彼は「今日も、1人征伐してきましたよ」と飲み屋で話すのです。「パーマネントの女がいたから、唾を吐きかけてやったとか、中学生が英語の本を読んでいたから叱ってやったとか」。しかし「彼が征伐するのは、いつも、女性や中学生で、屈強な男に対しては「糾弾の手が伸びないのであった」というのが、いかにもです。

 

そして「南の風」では、各種の「自粛」描写がヒリヒリする。恋愛の自粛とか、旅行の自粛とか。さらに物資(食料、ガソリン)の不足も加速している。これも、平時に読むと、そんな時代もあったんだ‥‥、で済むでしょうが、今は、いちいち、身につまされます。

 

新型コロナ のニュースでは、たびたび「フェーズが変わった」という言葉が出てきますが、戦時中はフェーズが何段階にも分けてグッ・グッ・グッと変わります。1カ月の差が大きな違いになるのです。たった1カ月で世界中のルールが大きく変わるのを、私達も今回ようやく体感したわけです。

 

 昭和16年に新聞連載された「南の風」を読むと、前年に書かれた「虹の工場」(時局成金の恋物語)とは、明らかにフェーズが変わったことがわかります。「南の風」は"南国・上流階級・ノンキな男"などの設定ではカバーしきれない不穏な空気が漂うのです。

 

(「南の風」連載終了直後、昭和16年12月に真珠湾攻撃。翌昭和17年7月から「海軍」の新聞連載がスタートします。)

 

 

 

narasige.hatenablog.com