佐藤いぬこのブログ

戦争まわりのアレコレを見やすく紹介

シティポップと焼け野原(その2)【1985年の日本】

1985年を軸にして考えてみる

先日、「シティポップの生まれた時代は、意外と焼け野原に近い」と書きましたが、今日はその続き。敗戦から40年目の1985年を軸にして考えてみたいと思います。

1985年はシティポップの終盤なのでしょうが、再評価されている竹内まりやの「プラスティック・ラブ」*1がちょうどその頃なので、敗戦後40年の目安としてご紹介しましょう。

▽例:カルバン・クラインのCM(2021)に使われている「プラスティック・ラブ」

youtu.be

「1985年8月15日」発売のムック

「プラスティック・ラブ」やその他のシティポップを聴くかぎり、1980年代の日本は敗戦とも飢餓とも無関係。すっかりアーバンです。とはいうものの、当時の中高年には敗戦の記憶がしっかり残っていました。これは1985年に出た『ニッポン40年前』(毎日新聞社)というムック。アメリカ人が撮影したカラー写真をもとに、1985年から「40年前」を振り返る写真集です。表紙の少年少女たちがターゲット層なんでしょうね。彼らは1985年に40代後半〜50代です。今のムックでいうと『昭和50年男』みたいな感じ?

f:id:NARASIGE:20210809085437j:plain

「あなた」がうつっている写真集

『ニッポン40年前』の巻頭にはこう書かれています。

もしこの写真集の中にあなた自身の姿が写っていましたら 毎日グラフ編集部宛にご一報ください。その写真を実費で焼き増しして あなたにお送りしたいと思います

「写真を実費で焼き増しして あなたにお送りしたいと思います」という一文からわかる通り、これって歴史をお勉強する本じゃないんですね。1985年の中高年に「ほら、つい昨日のことのようでしょ?なつかしいでしょう?」と語りかけているのです。

▽中をめくると、ボロッボロの服を着た子供がたくさん。この子たちも1985年には40〜50代。

f:id:NARASIGE:20210809084733j:plain

「ニッポン40年前」1985年(毎日新聞社

ジープに群がる子供達。キャプションには「ギ・ミ・チョコ」とあります。ギブミーじゃないところがリアルな感じ。

f:id:NARASIGE:20210809083904j:plain

「ニッポン40年前」1985年(毎日新聞社

▽子守をしながら木炭バスの燃料を拾う少年。この写真も“歴史の貴重な記録”じゃなくて、「あ、木炭バス!あった、あったよ〜」という扱いなんでしょう。

f:id:NARASIGE:20210809082850j:plain

「ニッポン40年前」1985年(毎日新聞社

▽上野公園に住んでいる家族。子供が2人。冬が心配…。“お茶の水のガケに住む人々”を描いた獅子文六『自由学校(1950)』を思わせます。

f:id:NARASIGE:20210809083238j:plain

「ニッポン40年前」1985年(毎日新聞社

1985年は、戦争の語り部が「中年」だった

2021年の今、戦争の記憶を持っている人=高齢者です。すでに亡くなっている方も多い。しかし1985年時点では、戦争の「語り部」たちがまだ中年でした。

▽「ニッポン40年前」(1985)対談ページには読者世代の代表、アラフィフの海老名香葉子森本毅郎が。ふたりとも若い!子供の頃に体験した戦中・戦後の苦労をつい昨日のことのように語っています。とくに下町生まれの海老名香葉子の回想は超ハード!彼らは2021年、80代です。

f:id:NARASIGE:20210814175034j:plain

▽「ニッポン40年前」の広告は、カメラと育毛剤。このムックが決して高齢者向けではないことがうかがえます。f:id:NARASIGE:20210809084817j:plain

1985年の「中年」対「若者」

2021年から40年前を振り返ると、大滝詠一君は天然色」(1981)だけれど、1985年から40年前を振り返ると、そこは焼け野原なんです。(イメージ図を作ってみました)

f:id:NARASIGE:20210813104223p:plain

つまり1980年代の若者にとって、実家は「戦争の語り部」(親や祖父母)が、常駐している場所、ということになりますわね。

若者がシティポップを聴いてせっかく良い気分になっているのに、実家には「語り部」が元気にスタンバイしている→若者への説教に必ず戦中・戦後の苦労話を入れてくる→若者はそれがイヤすぎて、ますますシティポップを聴く。そんな循環があったのではないでしょうか?(笑)

ちなみに1985年、私の身内には4人の「語り部」が健在でした。今は全員いなくなったけれど…

「 泰葉」と「海老名香葉子」の脳内

「ニッポン40年前」の対談で、むごい思い出を語っていたアラフィフの海老名香葉子。その娘が泰葉*2というわけです。まさに、この親子ギャップが1980年代。(ほかの例・大貫妙子の父親は特攻隊の帰還兵)。シティポップの生まれた時代は、「親」と「子」で脳内の景色がぜんぜん違っていた時代なのです!

f:id:NARASIGE:20210813115338p:plain

1981年「フライディ・チャイナタウン」泰葉

▽泰葉「フライディ・チャイナタウン」で合唱するLAの人々(2021.11.22追記)

まとめ

今回ご紹介したムック『ニッポン40年前』(毎日新聞社)は手ごろな価格で買えるので、私はよく年配の方にプレゼントしています。悲惨すぎる写真は載っていないから、当時のお話をうかがうきっかけにもなりますよ。みなさんもぜひ手にとってみてくださいね。

( 私は、『ニッポン40年前』の10年後に出た続編『アメリカ人の見た日本50年前』も持っています。これは今日ご紹介した1985年版のムックに、モノクロの悲しい写真をどっさり追加したもの。もう気軽に読めるムック本ではなく、“歴史のお勉強”といった雰囲気になっている。10年たつと、戦争が遠のくんだなあ…)

パラレルワールドすぎたアメリ

narasige.hatenablog.com

 

*1:1984年のアルバム「Variety」の収録曲。翌1985年に12inchシングル発売

*2:吉田豪「(泰葉は)もっとシティポップの文脈とかで今、評価されていいはずなのに」

miyearnzzlabo.com

h3 { color: #FFFFFF; background: #000000; padding: 0.5em; } h4 { border-bottom: dashed 2px #000000; } h5 { border-bottom: double 5px #000000; }