佐藤いぬこのブログ

戦争まわりのアレコレを見やすく紹介

「ラストナイト・イン・ソーホー」と、学園都市

f:id:NARASIGE:20220130205149p:plain

元・基地の街で「ラストナイト・イン・ソーホー」をみました

地元・立川市シネコンで「ラストナイト・イン・ソーホー」みてきました!おばあちゃん世代の文化(=1960年代)を愛する少女が、憧れていた時代の“闇”を見てしまうお話です。

youtu.be

観た後、もし「ラストナイト・イン・ソーホー」みたいに、タイムスリップ体質(?)の日本の娘さんが、1950年代前半の立川に来てしまったらどうなるかなあ」などと想像してしまいました。

たとえば「活気ある昭和のイメージ」を好む女の子が、朝鮮戦争の頃の立川にワープしてきたら。はじめのうちこそ「わあ、外国みたい!」と喜んでくれるかもしれません。はじめのうちは。しかし、立川もなにかと残留思念の街…。すぐにツラくなりそうです。今日はそんな立川ナイトライフを紹介しましょう。

▽なぜこの時代に、立川のカラー写真があるのか?理由はこちらをご覧ください。

narasige.hatenablog.com

1950年代前半の立川

まずはナイトクラブ「グランド立川」のフロアショーから。Grand Tachikawa Floor Show in Tokyo circa 1952

Grand Tachikawa Floor Show in Tokyo circa 1952

Grand Tachikawa Floor Show in Tokyo circa 1952

Grand Tachikawa Floor Show circa 1952

「グランド立川」の客席。GIs at the Grand Tachikawa Floor Show circa 1952

GIs at the Grand Tachikawa Floor Show circa 1952

画面中央に「グランド立川」の広告。下には靴磨きが並んでいる。Best Night Club, Grand Tachikawa billboard near Hachioji Station, 1952

Best Night Club, Grand Tachikawa billboard near Hachioji Station, 1952

広告をちょっと拡大。“ゴージャスなフロアショー、200人のチャーミングなホステス”などと書かれています。

f:id:NARASIGE:20211214144908j:plain

タチカワ ナイトライフ

以下の7枚は、朝鮮戦争の頃に立川基地勤務だった人のサイト(James L Blilie Photos of Japan in 1952 and 1953)から。たとえば、この写真には「タチカワ ナイトライフ」というキャプションがついていました。

f:id:NARASIGE:20100529112453j:plain

f:id:NARASIGE:20100529112455j:plain▽映画のセットのような。

f:id:NARASIGE:20100529112503j:plain

f:id:NARASIGE:20100529112458j:plain

▽楽しく踊っているようにみえるけれど、戦争への恐怖でヤケになっている状態かもしれません。立川で長年バーをやっていた方が、朝鮮戦争の頃の様子をこう語っていました。「19歳20歳の、田舎から出てきたような奴らが、もう生きて帰ってこれないかもしれないので、酒を飲んで、気に入りのパンパンに持っている金を全部やってしまう」→詳しくは、朝鮮戦争・聖路加病院・立川基地 - 佐藤いぬこのブログをご覧ください。

f:id:NARASIGE:20100529112504j:plain▽華やかなライトを浴びているのに、もの悲しさの漂う女子楽団。“Officer's Club, Tachikawa Air Base, Smiley's Orchestra”

f:id:NARASIGE:20100529112039j:plain▽基地の入り口。

f:id:NARASIGE:20100529112019j:plain

▽「Ready to fly to Korea」というキャプションがついていた写真。(ちなみに、立川基地の飛行機を整備する日本人を描いた小説が『フィンカム―米極東空軍補給司令部』です。←整備とは名ばかりで、実際は過酷なトイレ掃除を押し付けられる話)f:id:NARASIGE:20100529112448j:plain

“街の女”を抱える立川と、隣接する「学園都市」

1950年代前半の立川にワープしたお嬢さんは「あれ…?想像していた“活気あふれる昭和”と、ちょっと違うなあ」と思うことでしょう。さらに立川に隣接する「国立(くにたち)」という町の騒動に気づくかもしれません。

今でこそ「国立(くにたち)」は、ドラマやアニメの舞台になる“キレイ”な学園都市ですが、自然にそうなったわけじゃない。「国立」は立川からの影響を考えて、町中がすったもんだの末に「文教地区」となったのです。画像は1951年6月26日朝日新聞

「学園都市か“町の繁栄か”」「文教地区指定 國立町で鋭い対立」

同町はおびただしい“街の女”を抱えている立川市に隣接しており、これらの女性が最近では国立町にまで進出、日本有数の学園都市が台無しになる恐れがある として…

f:id:NARASIGE:20211214133346j:plain

1951年6月26日 朝日新聞

「学園都市」で乱痴気騒ぎ

f:id:NARASIGE:20211228092248j:plain

立川のとなり町=国立(くにたち)が文教地区になったプロセスは、国立市が冊子『まちづくり奮戦記』にまとめてます。

国立に多くの米兵が来るようになったのは、1950 (昭和25)年の朝鮮戦争の折で、大量の兵士が駐留するようになったからでした。

立川基地に駐留している米兵が女性を連れて国立地区の飲食店や旅館にやってくるようになったのです。(略)。 やがて、普通の旅館が米兵と女性相手のホテルになったり、下宿屋が学生追い出して娼婦を住まわせ、そこに米兵が通ってくるという事態になります。一橋大学構内では、米兵と女性が人目もはばからず戯れ、それを子供たちが見物するという光景も見られるようになりました。 ホテルなどで深夜まで続く乱痴気騒ぎのため、静かな環境は一変しました。

この冊子は国立駅の復元駅舎(←現在の駅に隣接)に、フツウに置かれています。「ラストナイト・イン・ソーホー」的なタイムスリップお嬢さんも、昼のうちに復元駅舎の資料コーナーでこれを読んでおけば、おおまかな世相をつかむことが可能というもの👍。幻視の解像度はグッと上がってしまうかもしれないけれど…。(映画では、図書館で過去を調べている最中に怖い目にあっていましたね!)


以上、1950年代前半の立川のアレコレでした。いかがでしたか。ちなみに10年経過した1960年代の立川はこちら。ぜひごらんください。

narasige.hatenablog.com

h3 { color: #FFFFFF; background: #000000; padding: 0.5em; } h4 { border-bottom: dashed 2px #000000; } h5 { border-bottom: double 5px #000000; }