佐藤いぬこのブログ

戦争まわりのアレコレを見やすく紹介

ツルツルしたデパートの戦中戦後

銀座のApple Storeは、とてもツルツルしていますよね*1Apple Storeの向かいにあるデパートが松屋銀座Apple Storeに負けないほどツルツルで、みつ豆の寒天を思わせます。(上の写真は、2022/10/19撮影)。

しかし、そんな松屋にも「ツルツルしていない時代」がありました。今日はそれをご紹介しましょう。

戦時中の松屋銀座

意外なようですが、日中戦争の頃の松屋銀座はツルツル感ゼロだったんです。シャネルの広告の代わりにあったのは、「聖戦大勝」「祝 漢口陥落」などの垂れ幕でした。(『痛恨の昭和』石川光陽より)

「漢口陥落祝賀の飾り」昭和13年(1938)

漢口陥落、武漢三鎮といって、まだ国外で戦争していたので、景気の良い話ばかりが耳に入ってくる頃でした。旗行列や、提灯行列が市内を練り歩き、花電車や、電飾の市電が走って賑やかでした。この調子で行けば、裏長屋にいたものが、表通りに出られるのではないかもしれないといったほどの勢いでした。銀座通りは写真のように飾り立ててお祭り気分で、私は日本も強くものなったものだと感心しておりました。

『痛恨の昭和』石川光陽 岩波書店

占領下の松屋銀座三島由紀夫豊饒の海

そして敗戦…。三越は黒コゲになってしまったけれど、松屋銀座は接収されてPX(売店)になりました。三島由紀夫の『豊饒の海(三)暁の寺』に、ちらっと「松屋PX」が出てくるんですよ。主人公は超大金持ちの弁護士ですが、松屋PXに入ることができません。しかし米兵を「情人」に持つ女性は「木戸御免」で、PXに出入りしています。

松屋PXの中には、もちろん本多は入れない(略)。慶子は、紫いろのスーツの胸を張って進み出、顔も隠れるほどの大きな紙袋を両手に抱えたアメリカ兵を従えていた。 情人のジャックかと思われたが、そうではなかった。(略) それは1つの見ものであった。PXの前の群衆は、似顔絵描きをそっちのけにして、口をぽかんと開けてこれを眺めた。

▽PXになった松屋。この写真はとてもキレイに撮ってあるので、一瞬「あれ?敗戦って、たいしたことなかったのかな?」と勘違いしてしまいそう。御用心、御用心!“Matsuya Ginza branch of the Tokyo PX, 1952”

Matsuya Ginza branch of the Tokyo PX,  1952

▽引きで見るとこんな感じ。1952年(昭和27)頃。右側のすすけた建物は「三越」。画面手前には進駐軍用の標識が。ただよう敗戦国感。Tokyo Ginza, 1952 | Photographer: Captain John Randolph Coup… | Flickr

松屋の側面。「白いワンピース=清楚」のイメージをくつがえす女性が、靴をみがかせています。“1951 Tokoyo, Japan”

1951 Tokoyo, Japan

上の写真を拡大してみると、「P.X.レストラン」の文字がいっぱい。

松屋銀座の角で交通整理。“1951 Tokoyo, Japan”

1951 Tokoyo, Japan

接収解除後の松屋銀座

さて。「PX」から戻った松屋は、公式サイトによると1953年(昭和28)に新装開店しています。

▽ちょうどその時期をアメリカ人がカラーで撮影したのがコチラ。敗戦から8年ほどで、すでにツルっツル!もはや戦中~敗戦の面影はありません。屋上の旗に、松屋のマーク(鶴と松)が見えますね。“Department Store, Tokyo Japan, 1952-55”

Department Store, Tokyo

【参考】この時期、鮮明なカラー写真が存在する理由。

narasige.hatenablog.com

▽そして1970年(昭和45)の松屋(右奥)。パッと見では、今の銀座とほとんど変わらない。焼け野原から25年でこれって…。“Ginza, Tokyo – 1970”

Ginza, Tokyo – 1970

▽さいごにもう1度、1938年(昭和13)の松屋銀座を貼ってみましょう。「聖戦大勝」「祝 漢口陥落」

『痛恨の昭和』石川光陽 岩波書店


以上、松屋銀座の変遷でした。ご存じの方も多いと思いますが、松屋には浅草店があります。浅草店もけっこうツルツルだったけれど、現在はあえて昔の外観に戻し、レトロを売りにしている。

銀座の松屋だって、皮の下には「過去」が残っているのかもしれません。しかし銀座店は、今後もツルツルでいくような気がします。

松屋銀座に限らず、目立つ場所にある建物は時代を反映しがちでした。有楽町の日劇(現在のマリオン)の変遷もぜひごらんください。

narasige.hatenablog.com

narasige.hatenablog.com

 

*1:現在は改装中で、場所も移動しているそうですが

h3 { color: #FFFFFF; background: #000000; padding: 0.5em; } h4 { border-bottom: dashed 2px #000000; } h5 { border-bottom: double 5px #000000; }