【戦時コメディ@蒲田】獅子文六『虹の工場』

 昭和の人気作家、獅子文六の『虹の工場』*1(新潮社『日の出』昭和15年1〜12月連載)は、いわば戦時ラブコメです。

【巨大な工場のお坊ちゃま】と【小工場の職工】が、ひょんなことから同じ女性(歓楽街の女給)を好きになってしまうお話で、舞台は工場地帯の「蒲田」。

蒲田の歓楽街と、日中戦争

 「え?戦争中にラブコメが成立するの?蒲田で?」と思われるかもしれませんが、これがギリギリ成立しているんですね。

『虹の工場』の舞台・蒲田(作中では「萱田*2)は、「工場景気」で大にぎわい。

昭和12年夏、北支の炎天に銃声が響くと共に萱田(※蒲田のこと)の町には、日に何軒という勢いで、工場が建ち始めた。

この「北支の炎天に銃声が響く」は昭和12年7月7日の盧溝橋事件をさしています。以後、「京浜間の一小駅」にすぎなかった蒲田に「忽然として工場街」が出現するのでした。

 

と同時に、蒲田で働く「十万余人の職工さん」をターゲットにした夜の街が爆誕「美人みたいな女給さん」を抱え入れたバーやキャフェが激増し、蒲田は「大いに生産する代わりに、大いに消費する街」へと変貌します。

 『虹の工場』の純情なヒロインも、蒲田に乱立する「新興喫茶」で働いている女給。喫茶といってもメインは安い酒、経営者は「ならずもの」だし、常連客は不良の職工だったりするのですが…。

設定がむずかしい戦時コメディ

 『虹の工場』の連載は日中戦争時なので、ラブコメのバランスがむずかしい。

男性キャラがこの時点では出征していないという前提で、やっとコメディの形を保っている印象です。

まず、巨大な工場(軍需製品も扱っている)の御曹司は、超虚弱体質で「徴兵検査丙種」。「銃をとって、軍国のお役に立ちたくても」、それができない青白きインテリ。

一方、御曹司の恋のライバル=「職工さん」は、若くて健康なのに「どうしたわけか、兵役も補充兵に回され」ている状態。

 なので、健康な「職工さん」が出征したら、そこでストーリーが終わる気配がどうしても漂います*3

(ちなみに、主人公の職工が働いている工場の社長は「またたく間に召集令が下って、今は出征中の身」。社長が出征中なのをいいことに、不良の職工どもはやりたい放題、工場の高価な備品を盗んでは蒲田の歓楽街で散財している!)

【参考画像】徴兵検査

一目見て 甲種ときめた 好い体

昭和14年11月 新潮社「日の出」細木原青起

今こそ読んでほしい戦時コメディ

 『虹の工場』は戦意高揚系の雑誌(新潮社『日の出』*4)に連載されていたせいか、戦争の暗部を最小限に抑えたエンタメ小説になっています。

  • 工場主の成金マダムたちは三越でお買い物
  • 蒲田の歓楽街は、たっぷり金を持った職工=「産業戦士」で超満員
  • 大工場の御曹司は、軽井沢万平ホテルでディナー

と、すごく景気がいい。

一方、時々ネタはどんどん放り込まれているので、コメディを読みながら「興亜奉公日」「代用皮革」「北満拓士団」といった戦時中の言葉をスルスル覚えることができるというわけです。

 残念なことに、未来人の私たちは『虹の工場』を手放しで楽しむことはできません。たった数年後の日本が焼け野原になるのを知っているから。特に工場は空襲の標的になるから。

しかしだからこそ、今読んでほしいと思います。『獅子文六全集・第3巻』(朝日新聞社)に収録されているので、ぜひ。

【参考画像】『虹の工場』連載時(昭和15)、巻頭漫画はこんな感じでした。欧州大戦勃発のニュースにひとごと感が漂っています。(『虹の工場』にも「第二次欧州戦争が起きた」タイミングで、アメリカから帰国する謎の人物が登場する)

新潮社「日の出」昭和14年11月号

 戦時中の獅子文六がユーモア作家でいられたのは、昭和15年の『虹の工場』あたりまで*5昭和17年には、のちに「私のことを戦犯だといって、人が後指をさす」*6原因となった小説『海軍』を朝日新聞に連載しています。戦後の人気作『コーヒーと恋愛』は、『海軍』からさらに20年後、獅子文六が69歳の時の小説です。

昭和17年12月『主婦之友・大東亜戦争一周年記念号』

narasige.hatenablog.com

narasige.hatenablog.com

narasige.hatenablog.com

*1:朝日新聞獅子文六全集』第3巻収録

*2:「京浜間の一小駅、萱田の名が、次第に世間へ知れてきたのは、なんといっても大竹映画の撮影所ができた頃のことで、日本の聖林(ハリウッド)とかなんとか、一時はさわがれたこともあった」『虹の工場』

*3:虹の工場と同時期の獅子文六作品(『娑羅乙女』や『女給双面鏡』)は、出征と同時にストーリーが終わっている。

*4:https://gendai.media/articles/-/57641

*5:昭和16年、日米開戦直前の11月23日まで朝日新聞に連載した『南の風』は、一見のどかなユーモア小説ですが、のちに作者本人が(時代に)「便乗しちまった」と書いているように「男は殿様のお宝、殿様の御楯。女は、それを、殿様からお預かりしてる勘定なんですよ」「いつでも従容として死ぬる覚悟」等のセリフが出てきます

*6:獅子文六全集14巻「落人の旅」

h3 { color: #FFFFFF; background: #000000; padding: 0.5em; } h4 { border-bottom: dashed 2px #000000; } h5 { border-bottom: double 5px #000000; }