命がけの通勤風景【動画】(昭和35年・高崎線の巻)

■最近は、はやめに*1クールビズ姿になってる人がいてイイですね。皆さんこなれてきた感じ。将来はもっともっと前倒しになりますように。


クールビズのはじまった年の6月末、蒸し風呂のJRホームはスーツ姿で真っ黒。7月のそれも33度を超えたあたりから、渋っていた人達もおずおずと・いっせいに(←「いっせいに」が、日本人ぽい)背広を脱ぎだしたと記憶しています。*2


■マイミクさんの日記で知った、朝日ニュース昭和映像ブログより、【高崎線・命がけの通勤ラッシュ(動画)です。
前半が高い工事現場で働く人、後半が高崎線のラッシュ時光景。


風をもとめてデッキに「鈴なりに」立つ人々の姿!一瞬でも気を抜くと真っ逆さまでしょう。二日酔い・寝不足の人もコレやっていたのかなあ。


車内はもちろん窓全開で、全員が半袖白シャツ。もしこの環境で「暑くても、ヤセ我慢のオシャレ。」をしたら、救急車をよぶはめになる。←「その時スズキさんの体内では一体どんなことが起こっていたのぉ?」と、ためしてガッテンな展開に。

*1:クールビズのはじまった年に比べたら、という意味ですが

*2:アメリカ在住の人から「どう、クールビズ広まってる?」と聞かれてメールでこう返信した覚えが。