固定ポスト

Twitterで、1950年代の写真を少しずつあげています。(着色ではありません。元からカラー)。ぜひご覧ください! 

 

休憩所としての日本

1950年代前半(朝鮮戦争の時期)に、日本を撮影した鮮明なカラー写真が、多数ネットにあがっています。しかし1950年代後半になると、そのような写真はほとんと見当たりません。一体、どのような経緯で撮影されたものでしょうか。以下、関連写真をご紹介します。

R & R, 1954 | Korea and Japan, 1954 Photographer: LKB | m20wc51 | Flickr

f:id:NARASIGE:20201013095933j:plain

 

拡大画像。朝鮮戦争の激しい戦いの絵と、静かな富士山の絵。休暇になったら、日本で富士山でも見て過ごせるよ、みたいな看板です。絵にR & R」という文字があるのに注目してください。

f:id:NARASIGE:20201013100857j:plain

 

Tokyo Onsen | Photographer: Unknown | m20wc51 | Flickr

"A US Soldier on R&R in the Tokyo Onsen, a bathhouse" こちらは、銀座にあった「東京温泉」の写真。R & R」の文字があります。東京温泉の詳細は、以前書きました。

f:id:NARASIGE:20201013104710j:plain

 

ちなみに脚本家の笠原和夫は、コーリアフロント(朝鮮戦争)帰休兵専門の売春宿で働いていたそうです。少年時代は戦時中だったため、岩田豊雄(=獅子文六)の書いた「海軍」のストイシズムに憧れて、勝手に神社の掃除とかしていたそうですが、大人になったら売春宿勤務とは…。振り幅がすごいですね。反動なのかなあ。自伝「妖しの民」と生まれきて (ちくま文庫) に詳細が書かれています。

 

 

R & R」について、朝鮮戦争の時期に、韓国の駐留米軍で通訳のアルバイトをした方(当時、大学生)の話を引用します。

ボクらの京城師範附属第二国民学校 ある知日家の回想 (朝日選書)

彼らの韓国での勤務期間は大体1年6ヶ月だったが、その間1度だけ1週間の休暇がある。休暇は「R&R(rest& recreation)」と呼ばれ皆楽しみにしていた。その休暇を彼らは日本で過ごした。戦争の傷跡の言えない韓国に、彼らが楽しめるような場所はまだなかった。日本から帰った彼らにどこに行ったのかと尋ねると、ほとんどが「トキヨー」か「コクーラ」または「コックラ」と答えていたが、「コックラ」と発音する者が多かった。「トキヨー」はトにアクセントがあったが東京のことだとわかった。ところがコにアクセントのある「コックラ」のほうは、いったいどこにあるのか、行ってきた当人もよく分からないふうであった。(略)

 

休暇から帰ったものは興奮冷めやらぬ様子でコックラの話をする。すると以前コックラに行ったものも話に加わり、勤務時間中もその話でもちきりになる。コックラに対する評価にはUSもRAも、白人も黒人も、大学生も農夫も関係ないようだった。どの兵隊の話にも「〇〇子、〇〇子」と女の名前ばかり出てくる。何のことは無い、みんなコックラの女に感激しているのであった。コックラの女は綺麗で、素晴らしい、また会いたいと激賞し、英文で帰ってきた住所宛にせっせと手紙を出す者もいた。(略)

 

兵士たちは日本へ行く時、友人から金を借りて、ある程度まとまった金額を持っていくのだが、その金も、1ドル残らず全部コックラで使ってくるらしかった。(略)1960年代に、私はひょんな事から日本の小説読み始めたのだが、そのきっかけとなったはじめての本は松本清張「点と線」だった。その作家略歴に九州の小倉生まれとあって、コックラは小倉だと分かった。多くの兵士が小倉に行っていたのは、地理的に韓国から近かったからであるらしい。

敗戦間もない日本に、お小遣いをたっぷりもった米兵が遊びにきたら、そりゃあ親切にしてもらえるでしょう。獅子文六はエッセイ「横須賀物語」(昭28)で、かつて帝国海軍のエリートに愛された老舗料亭が、敗戦後はキャバレーを増築し、米兵相手に大繁盛するケースを紹介していますが、御座敷でショーをしている↓この写真など、それに当たるのかもしれません。

Floor Show, Tokyo | Tokyo, Japan 1950-'55 Photographer unkno… | m20wc51 | Flickr

f:id:NARASIGE:20201013095519j:plain

 

Japan, "Time Out" 1952 | Japan, 1951 Photographer unknown | Flickr

f:id:NARASIGE:20201013095259j:plain

 

 

 

 

 

narasige.hatenablog.com

 

narasige.hatenablog.com

 



 

 

 

 

生き残り作戦

f:id:NARASIGE:20200923093702j:plain

(参考画像:ホームライフ 昭和10年12月巻頭広告 コロムビア蓄音機と専属歌手の豆千代


獅子文六の小説「東京温泉」(昭14)に、「事変」後の生き残りを模索するレコード会社の企画部長が登場します。彼は旧友から、"君のところは軍歌で当てたじゃないか?"とからかわれますが、"今までみたいに「ハア節やイヤヨ節」は使えないし、もう軍歌のヒットも出尽くしたかもしれないし…"と先行きを不安に思っている様子です。このように、「事変」(昭和12年7月)以降、商売のモードを変えざるをえない業界が多かったのではないでしょうか。もちろんユーモア小説で売っていた獅子文六自身も例外ではないでしょう。*1

 

以下、「東京温泉」より引用します。レコード会社企画部長の服部さんと、旧友である自動車会社重役Mさんの会話です。(ちなみにMさんの自動車会社は「事変でトラックが沢山売れるので、上半期のボーナスが沢山出た」という設定。)

 

Mさんは、「よウ…暑いのに、よく出歩く男だね。この近所に、儲け仕事でもあるのかね」と、眠そうな声で迎えた。

「ハッハッハッ、当たらずといえども、遠からずだね」

「羨ましいね。半口乗せないかい」

「何を言っているんだ。君の方こそ、儲かりすぎて困るだろう。こう見えて、僕らのほうは、平和産業だからね。」

「あんまりそうでもなさそうだぜ。軍歌のレコードで、当ててるんだから

と、揶揄われたとおり、服部氏は有名な金声レコード本社の企画部長を勤めて、Mさんとは学校以来の友人である。

ところでその軍歌も、一応出尽くした形だね

「しかし君の商売はいいよ、僕らのように、相手がエンジンだのタイヤだのと、殺風景な代物ではないだけね、その上、例の役得はあるしさ」

「役得?」

「とぼけちゃいけないよ。鶯(うぐいす)芸者を探すとか称して、官費で、茶屋遊びができるじゃないか。」

「人聞きの悪いことをいってくれるな。第一あんなことは、もう昔の夢さ、勝奴を掘出した時分までが、花だったね。今時、芸者の歌手なんか、用いようがないよ。」

と、服部氏は、それでも、当時が懐かしそうに眼を細めた。

 金声レコードばかりではないが、一頻り、そういう時代があった。文芸部や企画部の連中はもとより、支配人や社長までが飛び出して、隠れたる美声の持ち主を掘出すのに狂奔した。服部氏が、赤坂の花柳界で、勝奴を発見したのも、その時分の話だが、北支の空に砲声が轟いてから*2今はもうハア節やイヤヨ節の世の中ではなくなった。(略)

 

「だが、君、鶯(うぐいす)芸者が廃ったとしても、軍歌の方で、掘出し物があるだろう

と、Mさんが慰めると、

「いや、必ずしも軍歌に限らんが、時代は明朗健康なるものを求めているのだから、僕らもそのつもりで、常に新企画を立てているんだけれど、この間は、見事に失敗してね」

 

 ちなみに、このレコード会社の企画部長さんは、新企画として明朗健康な女性歌手をスカウトしようと試みるも大失敗。その後レコード会社を辞めて、中目黒に「大規模な民衆的大浴場」を作ろうとしますが、これも建築統制に阻まれて頓挫、というオチです(;´Д`)

 

辻田 真佐憲さんを読むと、朝ドラ「エール」では「軍歌」という言葉を避けているそうですが、せっかく朝ドラで戦中を描くならば、(軍歌も含めて)商売で生き残るために試行錯誤する人々を描いて欲しいですねー。私たちだって、いつ、ご時世に便乗するようになるかわからないし

news.yahoo.co.jp

 

 

*1:朝日新聞社版の獅子文六全集付録月報によれば、朝日新聞は「南の風」(昭16)の連載にあたり「大東亜共栄圏の建設に邁進する国民の南方への熱情を昂揚すること必定」と宣伝したとか。「私の代表作」(昭32)というエッセイで「南の風」について「少し便乗しちまったのは残念」と書いています。

*2:獅子文六は、盧溝橋事件を「北支の空に砲声が轟いてから(「東京温泉」)」とか「北支の炎天に銃声が響くと共に(「虹の工場」)」と表記する場合もあります。

銀座にたたずむ女性

朝鮮戦争の時期(1952・昭和27)、銀座にたたずむ女性の写真を見かけました。その人のアルバムをflickrで追ってみたところ、ハードな環境で働いていたことがわかったのでご紹介します。 flickrより

f:id:NARASIGE:20200815175023j:plain

拡大。日本女性と背丈が変わらない小柄な方です。

f:id:NARASIGE:20200815181246j:plain

 

以下、Koreaでの写真。(日本は通過地点ですね)

1)flickrより

f:id:NARASIGE:20200815175149j:plain

 

2)矢印がメガネの女性。※リンク先閲覧注意→ flickrより

f:id:NARASIGE:20200815175618j:plain

 

3) flickrより

f:id:NARASIGE:20200815190329j:plain

4) flickrより

f:id:NARASIGE:20200815175219j:plain

5)flickrより

f:id:NARASIGE:20200815175247j:plain

6)flickrより

f:id:NARASIGE:20200815190621j:plain

7)flickrより

f:id:NARASIGE:20200815190354j:plain

 

8) flickrより

f:id:NARASIGE:20200815200356j:plain

 

narasige.hatenablog.com

 

 

 

徳田ビル(パールハウス)

占領下の日本で撮影された写真を集めています。これは銀座の徳田ビル(パールハウス)。手前は、泰明小学校。

 

徳田ビルflickrより)

f:id:NARASIGE:20200806053112j:plain

 

私はこういうお洒落なビルを見ると「夏暑くて、冬寒そうだな」と、なんだか心配になってしまいます…。対外宣伝誌『NIPPON』の「日本工房」が、一時期このビルに入っていたんですね。

 

撮影したのは、右端の小柄な人。

f:id:NARASIGE:20200806170121p:plain

 

  徳田ビル手前の泰明小学校は「よし、わかった!」のおまわりさん、加藤武が通っていた学校です。意外にシティボーイなのです。

f:id:NARASIGE:20200806165347j:plain

 

 【参考】手前にうつっている泰明小学校について

fkaidofudo.exblog.jp



 

「銀座二十四帖」をカラーで置き換えてみる

モノクロの「銀座二十四帖」(1955昭和30・川島雄三)を、カラーで置き換える遊びをしてみました。(1950年代初頭の時代背景は「朝鮮戦争と聖路加病院」に書きましたのでご覧ください↓)

narasige.hatenablog.com

 

「銀座二十四帖」の公開は、終戦からちょうど10年。接収されていたビルが返還され、空襲で焼けた店の補修もすすみ、街の様子が急激に変わった頃です。(そう、「敗戦、即、復興!」とはいかないのです。あの歌舞伎座でさえ、戦後5年間は焼け落ちたままだったのですから…)

 

では、写真を紹介していきますね。

 

まず肥桶。「銀座二十四帖」のオープニングは、近郊の肥桶の匂いから始まるのです。(本当)

f:id:NARASIGE:20200726110235j:plain

 

花の仕入れ。主人公である花屋のコニー(三橋達也)が、花を運ぶイメージです。この時代の梱包はだいたい可燃物。

f:id:NARASIGE:20200726110821j:plain

 

コニーさんの花屋が入っているビル「東京温泉」のカラー写真はなかったのですが、外観のモノクロ写真と内部の様子を以前ブログにまとめました。ご覧ください。

f:id:NARASIGE:20200720120636j:plain

narasige.hatenablog.com

 

銀座の街並み。空襲を受けなかった松屋(TOKYO PX)をメインにして撮影すると、一見、復興と無縁そうな写真になります。※松屋は1952(昭和27)返還されるので、これは「銀座二十四帖」より少し前の写真です。

f:id:NARASIGE:20200726110836j:plain

 

新装後の松屋は1953(昭和28)オープン。改装前の方が重厚で素敵に見えますが、当時は(今も?)軽やかさが求められたのでしょう。

f:id:NARASIGE:20200727112222j:plain

 

松屋の屋上から下を見る。はじめこの写真を見たとき「どこかの街はずれかな?」と思ったのですが、拡大したら中央の建物に「教文館」の看板があるじゃないですか!!この風景は銀座のオモテ通りなのでした…。通りに面する部分だけ体裁を整えている店舗がみえます。

f:id:NARASIGE:20200728114613j:plain

 

 三越銀座三越も、なんだか重厚さに欠けるように思えますが…(下に続く)

f:id:NARASIGE:20200728102238j:plain

 

空襲を受けた銀座三越は、この状態からスタートしたのでした…。大変でしたね。*1

f:id:NARASIGE:20200728094535j:plain

 

街並み その2 。左奥に見える高い建物の場所には、現在、東急プラザ銀座があります。(旧・数寄屋橋阪急)

f:id:NARASIGE:20200727105446j:plain

 

銀座4丁目交差点。「銀座二十四帖」では、通行人でさえ細いウエストでしたが、実際は、まあ、こんな感じでしょう。

f:id:NARASIGE:20200727124455j:plain

 

銀座4丁目交差点から、晴海方面を見る。東劇を右に曲がったあたりに、美しい京極和歌子さん(月丘夢路)のお店があります。空襲で焼け落ちた歌舞伎座が数年後に再開するまで、歌舞伎は東劇でやっていました。

f:id:NARASIGE:20200729090302j:plain

 

喫茶 白馬車。「銀座二十四帖」の夜のシーンで、「SHIROBASHA」というネオンが登場します。写真を拡大すると割烹着・エプロンのおばさん達がうつっているのがわかります。

f:id:NARASIGE:20200727103922j:plain

 

松坂屋の屋上から見た銀座です。クライマックスのシーンに、繰り返し登場するナショナルと森永の看板。

f:id:NARASIGE:20200728100615j:plain

 ナショナルのネオン

f:id:NARASIGE:20200727104110j:plain

 

数寄屋橋 ピカデリー 。クズ拾いの人が寝ています。この場所は「銀座二十四帖」でも、似たような感じの人が座り込んでいました。パッとみた感じでは、①クズ拾いの人が、②松竹ピカデリー のすぐ前で寝転んでいるように見えますが…(下に続く)

f:id:NARASIGE:20200727160035j:plain

 

空から見るとこんな感じ。実は、①クズ拾いの人と、②松竹ピカデリー の間には、川(堀)があるのでした…。その後、川は埋め立てられ西銀座デパートになります。(私は中央区出身なので、子供の頃は西銀座デパートが東京の果てだと思っていた。)

f:id:NARASIGE:20060921195528j:plain

 

 「銀座二十四帖」のラスト近くでは、「ふんぷんたるドブ川の臭気は、映画にはうつっておりません」という森繁のナレーションが入ります。 「銀座二十四帖」は、肥桶の匂いではじまり、ドブ川の匂いで終わる映画なのですね!

 

【おまけ】銀座のキャバレー、クイーンビーケネディ大統領暗殺事件のオズワルドが利用したとされる店です。先日のNHKスペシャルでもこの写真を使っていたと記憶しています。(クイーンビーの資料が少ないため、NHKから辺境ブログの私にまで問い合わせがあったくらいなので)。日本人客は入れないそうですが、花売りのコニーさんなら入れたのでしょうか。

f:id:NARASIGE:20200728120738j:plain

 

*1:マッカーサーの見た焼跡」より

「暮しの手帖」の「浴衣を粋に着こなしたい」特集について

 

f:id:NARASIGE:20200723103733j:plain


2020年夏の「暮しの手帖」に「浴衣を粋に着こなしたい」という特集がありました。このタイトルについて少し考えてみたいと思います。

 

現在、浴衣や着物については「粋が目標!」のような空気があります。しかし、かつては「粋」をとりまく事情が微妙に違っていたようなのです。以下、その例をあげますね。

 

たとえば、昭和の人気作家 獅子文六の「ある美人の一生」は、「粋」を避ける女性が主人公です。

いつも束髪だったが、努めて、イキな形になるのを避けた。付近が下町であるから、イキづくりの風俗が、多かったが、彼女は、それに一線をかくするように、当時の言葉でいえば、"高等"好みにした。小作りで、キャシャな体つきが、ともすると、芸妓じみるのだが、彼女は極力、それを嫌って、医学博士の妻、富雄の母らしい品位を保とうとしていた。

 

 以上の引用で、「下町」「イキ」という言葉に注目してください。獅子文六は、横浜の裕福な貿易商に生まれた慶応ボーイですが、同じく彼が書いた「随筆 山の手の子」(昭和25年)には、

 

山の手は「ヤボの本山」

下町は「イキ」

 

と、「山の手と下町」「ヤボとイキ」が対照的に描かれています。(※獅子文六諧謔が売りだった作家なので「粋」は「イキ」、「軍部」は「グンブ」と、あえてカタカナ表記することが多いのです)

私が少年時代を過ごした学校には、山の手の児童が多く、下町の児童を「町ッ子」と称して区別した。下町は無智で旧弊の区域と思われていたが、しかし、内心、町ッ子の自由を羨むところがあった。

 

町ッ子の方が親から多くの小遣銭を与えられ、買物買食の禁制がなく、帰宅や勉強の時間制限もなく、自由寛達な世界に住んでいた。従って、町ッ子は陽気で、気楽で、役者の声色や落語の真似なぞできるのに、山の手の子は無芸な上にハニカミヤだった。町ッ子は大人の世界に混じって愉しんでいるのに、山の手の子は硬く立入り禁止だった。着るものも、町ッ子はは絹物を用いることがあっても、山の手の子は木綿の紺絣一点張りだった。

 

山の手の子は、たいがい厳しいしつけで育っていた。初代は文明開化を受け容れたといてっても、腹の底に残っている儒教や武士道が子供の教育に表れて、克己や質素をやかましくいうのである。(中略)中には、外国風の家庭もあったが、それはそれなりに教育がやかましい。万事やかましく育てられるので、山の手の子は、下町の子より道徳的に神経質で、痩我慢や片意地を持っていた。

 

地方の武士を先祖に持つ不器用な「山の手の子」に対して、門限のない家庭で育つ早熟な「町ッ子」…。

 

この「随筆 山の手の子」では、山の手の子の特徴として「正直で、上品で、清潔で、少しヤボ」をあげています。考えてみれば「暮しの手帖」こそ、まさに「正直で、上品で、清潔で、少しヤボ」な雑誌として愛されてきたはず。もし「暮しの手帖」が浴衣の特集するならば、「粋」を目指すよりも、もともとの持ち味を生かして「正直で、上品で、清潔で、少しヤボ」にした方が自然に思えますが、いかがでしょう…。

 

【参考1】奈良で生活する志賀直哉一家昭和11年8月「ホームライフ 」より)。志賀直哉は「随筆 山の手の子」で、「山の手の子の正統を感じさせる」人物として紹介されています。

f:id:NARASIGE:20200723141216j:plain

 志賀直哉の一番上のお嬢さん志賀留女子さん(20才)。同じ雑誌内で、奈良での暮らしを綴っています。獅子文六いうところの「山の手の子」の装い。

f:id:NARASIGE:20200723144233j:plain

 

 

 【参考2】明治生まれの女性に、「粋」についてうかがいました。

私は、よその人から「粋ですね」と言われたくないなあ。 お友達をほめる時も「粋ですね」とは言わない。ほめる時は「素敵ですね」とほめるのが一番じゃないですか?そのへんの奥さんは、1人の人に好かれればいいんだから。ご主人が野暮ったいのが好きっていうなら、別 に野暮ったくていいんですよ(笑)。

 

芸者さんは内股で歩いていました。あの人達はそれが仕事なんです。いつも綺麗にしていないと、命に関わるんですから。でも私たちは着物で何でも家の用事をするから、普通 にまっすぐ歩いていました。それに私なんかがシャナリシャナリしたって、お金もらえないしね(笑)

↓全文はこちらをご覧ください。

narasige.hatenablog.com

 

 

【参考3】芸者が小唄の師匠になって「粋な浴衣」を着なくなった例。昭和11年8月 「ホームライフ 」より)。写真の説明に「芸者時代ならもっと粋な浴衣をきたかも知れない市丸姐三さんも、いささか堅気めいた浴衣をきているが」とあります。この「いささか堅気めいた」という言いまわしの微妙さよ…。ちなみに写真がのっていた雑誌は、通常は深窓の令嬢のファッションのみを載せていますが、浴衣に関しては記事の中に「下町趣味」という言葉を用い、例外的に芸者を取り上げているようです。

f:id:NARASIGE:20200702085243j:plain

f:id:NARASIGE:20200702085244j:plain

 

【参考4】祖母の姉の家が、暮しの手帖(1世紀)に載っていた件…

narasige.hatenablog.com