佐藤いぬこのブログ

戦争まわりのアレコレを見やすく紹介

1950年代のスーベニアショップ

スーベニアショップいろいろ

2021年7月末の日本は、酷暑と感染拡大で「おもてなし」どころじゃないけれど、70年ほど前の日本は、ある種の“おもてなし”モードにありました。したがってスーベニアショップも多かった。今日はそれをざっとご紹介しますね。

narasige.hatenablog.com

▽1956年、小さい三脚がズラリ。右の人、ヒャダインさんっぽい?

Souvenir Shop, 1956▽1951 小倉。小倉玉屋 - Wikipediaには、“占領軍専用の国内輸出業「エクスポートバザー」を新設した”とあります。

1951

▽1956年。一見普通の店ですが、看板に日本モチーフ(鳥居、家紋、三味線など)とスーベニアの文字が。Ginzakan Mart-Souvenirs

Ginzakan Mart-Souvenirs

 ▽1954年、ピカピカのガウン

2017-01-09-0008▽1949-1951 狭いスペースに効率よく並べている。下段には首飾りも。https://www.flickr.com/photos/58451159@N00/17115334411

f:id:NARASIGE:20210731074754j:plain▽1950年東京。商品を道に直接、置いてる。

Tokyo, 1950▽1954年。写真の現像(DPE)と、みやげ用の派手な服。外に出された空っぽのショーケースに「中村製靴」とあります。かつては靴屋

2018-10-04-0002

  ▽1952年東京。「今すぐ、あなたの家にクリスマスプレゼントを送りましょう」の看板。ゴチャっとした写真なのでターゲットに矢印をつけました。

https://www.flickr.com/photos/53149321@N06/4905812064

f:id:NARASIGE:20210731130452p:plain

▽1952年佐世保。わかりにくいけれど、右の方の看板は、英語と日本語が同じくらいあります。商店街の突き当たりにはキャバレーに誘う看板。

Sasebo, Japan 1952

▽上の佐世保写真を拡大したところ。英語が多い。

f:id:NARASIGE:20210904130318j:plain

量産型の怪しい絵

▽1953年横須賀。虎だの、キリストだの、美人画だの。

Sailor shopping, Robber's Alley, Yokosuka, Dec. 1953江田島広島県)でしょうか。貼られている板が、襖っぽい。

https://www.flickr.com/photos/58451159@N00/30116120681

f:id:NARASIGE:20210731082956j:plain▽ 1949-51「スーベニア アートワーク」(Souvenir artwork, Japan)。全国の「軍都」に出荷していそう。

Souvenir artwork, Japan 1949-51

建物ごとスーベニア

▽東洋を演じているガソリンスタンド。1955-57頃。

Gas station

拡大したところ。モービルガス。

f:id:NARASIGE:20140710142549j:plain

narasige.hatenablog.com

▽1952-55。考えてみれば、戦前に作られた観光ホテルもスーベニア感が…(これは富士ビューホテル。)https://www.flickr.com/photos/58451159@N00/25740583680

f:id:NARASIGE:20210730112524j:plain


以上、お土産、スーベニアショップ関連の画像でした。

スーベニアショップといえば、獅子文六の小説『やっさもっさ』では、 進駐軍向けの「享楽施設」(キャバレー・ダンスホール)を手広くやっている会社が、スーベニアショップも経営している設定です。そこの社長は横浜の高額納税者(笑)。『やっさもっさ』は、各種の「お・も・て・な・し」事情がうかがえるので、おすすめです!

▽焼け野原の日本と、“パラレルワールド”のアメリ

narasige.hatenablog.com

 

h3 { color: #FFFFFF; background: #000000; padding: 0.5em; } h4 { border-bottom: dashed 2px #000000; } h5 { border-bottom: double 5px #000000; }