ほっこりをささえる力

近所の大きな駅ビルの一角に、乙女版ヴィレッジバンガード的な本屋さんが出来ました。広いお店にゆったり置かれたアンティーク風本棚には、ロモ、北欧、きもちのいいくらし、リネン、ロモ、北欧、きもちのいいくらし、リネン、のような本が、ほとんど無限にならべられているのです。


その店のあるエリアは、かつてバイオレンスな場所でした(今もそうだけど)…ほっこり指数がゼロに近かった場所に、このようなお店が誕生したのは感慨深いものがあります。



先日、土地の方に、この本屋さんが“駅ビルそのものの持ち主”だということを教えてもらいました。



その駅ビルを一歩出ると、もうそこは「スカーフェイス」な街。
普通のビルでも妙に光る素材が多用されており、愛のクロウト*1の皆さんが歩いています。



*1:「粋な夜電波」より