東京メトロの装い

東京メトロのポスターが、宮崎さんから、新垣さんに代わりましたねー


私は宮崎あおいさんの着ていた一連の服を見て、ひそかに感心していました。「温度調節がこまめに出来る服」が多かったんですよ。空気の層を着ているいうか・・首になんか巻いたり、重ね着していたりして。


特に、傘持っているポスターは、けっこう暑い季節になっても貼ってあり、季節の先取りしすぎの時代(id:NARASIGE:20100212#p1)に、おっとりしているなあ、思って見ていた。



「温度調節がこまめに出来る服」って、大切。だって、都市部の環境は、さりげなく過酷ですよ。アルピニストの人より過酷かもしれない。


夏は、フライパンのような道路→冷え切った室内→フライパンのような道路→冷え切った室内。


冬は、ビル風→効き過ぎの暖房→ビル風→効き過ぎの暖房(あと、メトロの階段に吹き込む風)。


こういう環境を、ごく短時間のうちに何度も体験するわけです。


刀だったら、熱されたり冷やされたりして名刀が出来るのかもしれないけど、女性は刀じゃない。


やっぱり、空気の層、的なものを着て、ワンクッションおきたいじゃないですかー


いや、私だって本当は、ヨーロッパの夏休み映画みたいに、パンツの見えそうなくらい短い木綿のワンピースを着て自転車を乗り回す的な、工夫いらずの装いに憧れますよ。でも、あいにく日本はヨーロッパじゃないから。
(小さな悪の華


そして。現在、新垣さんの新しいポスターはとってもヨーロッパですね☆☆新垣さんもワンクッション無しの装いです。背景の外国人はキッチリ上着を着て、新垣さんは薄着という・・・・・・。写真の切れているところに新垣さんの可愛いバッグがあり、その中に薄手ショールやカーディガンが入っていると信じたい。

広告を非表示にする