ウォーターフロント誇大広告☆戦前編


東京湾海上大博覧会」のポスターです。
涼しげな白亜のビルヂングに、8頭身水着美女。


このポスターは、ちょっと、おおげさだと思います。
遠方から、水上未来都市を期待して来た人はがっかりしたんじゃないかな。


会場は、京橋区新月島。「新」と付いているからには、新しめの埋め立て地*1(月島3号地・月島4号地)を指していると思うのですが、この素敵なビルは夢…だと思う。*2

3号地(現在の勝どき5丁目〜6丁目)は土管置き場(id:NARASIGE:20070906)、4号地の晴海は「雑草の生い茂る軟弱地盤の荒れ地」*3だったそうなので。


でも、東京メトロ宮崎あおい広告のように、みんなの「こうだったら、いいのにな」(地下鉄を出たら木が繁って…三信ビルがあって…)がポスターになるんですよね。


■戦後の、晴海・東京国際見本市会場予定地。ビシャビシャ。

*1:月島1号地と2号地は明治に完成しているので「新」ではないはず)

*2:通り過ぎた銀座のビルの残像を脳内で再生しつつ泳ぎなさい、という意味かも

*3:「東京国際見本市40年の歩み」より。画像も。