昔の写真

水上交通

□戦前、祖父が撮影した築地・明石町の光景。水だらけ。都市保健会館は、この写真と同じみたいです。 □戦後の話になりますが、まさに、この保健館前の「堀」に力道山のボート(『力』と書いてある)が停泊していた*1というエピソードをネットで読んだことがあ…

アイスクリームシアター?

2月19日「ゆる着物イメトレ部屋」のために、数年来のお気に入り画像を見返していますー ブータンの子どもとか…(2003年 撮影は私) 日本もの子ども… (拡大画像) ジープの子ども。確認できる12人中、4人が着物。 これは高知県の海沿い。The Kami Shibai-- "…

昭和初期の鳥かご

祖母のアルバムに鳥かごのある光景がなどがあったのでアップします。昭和10年くらいです。 今の鳥かごとあまり変わらないのですね。 街路樹と鳥かご 甍の波とー、雲の波ー 左が祖母。 補助輪自転車。

Magic Carpet Ride

(前もご紹介しましたが)私たちっておとぎの国に生まれたのか、と錯覚してしまう版画。 仮面舞踏会?とっても楽しそう。 暗闇でどっきり 魔法の絨毯 市場 作者はアメリカ人

川と、掘り割りの違い

用事があって古都へ行きました。 古都に関心のない私ですが、街の中にサラサラとほどよい分量で流れている川は、羨ましかった。 橋を渡ると、川沿いに木造の歓楽街が広がっていました。フン何さ、サラサラ流れる川があるからって雰囲気だしちゃって〜と軽く…

旅のポスター 1937

「Orient calls」 アジアへ行こう! JAPANの超特急〜〜速いッ 満鉄ッSouth Manchuria Railway Company

むかしの選挙ポスター/映画「選挙」

少女のお稽古バッグのアップリケ? 昔の選挙ポスターは意外なほどスッキリ ■想田和弘監督「選挙」 電柱にもおじぎせよ!壮絶「どぶ板選挙」にみるニッポンの民主主義 アマゾンでもふつうに選挙 [DVD]買えます。 ☆TBSラジオ・ライムスター宇多丸の番組で、想…

ウォーターフロント誇大広告☆戦前編

「東京湾海上大博覧会」のポスターです。 涼しげな白亜のビルヂングに、8頭身水着美女。 このポスターは、ちょっと、おおげさだと思います。 遠方から、水上未来都市を期待して来た人はがっかりしたんじゃないかな。 会場は、京橋区新月島。「新」と付いてい…

姉妹に間違われる親子を目指して☆戦前編

娘と同じ洋服で銀座を歩くモダン母親。 「美顔術からお化粧から服装まで娘と同じ気持ちで銀座を並んでねって歩くモダン母親がある、お友達とも見え、姉妹とも見える。が、ひとたび家へ帰って着物を脱ぐとご覧の通り」(現代漫画大観/昭和3年/下川凹天) お母…

香港の今と昔

香港の同じ場所の今と昔を比較しているflickr。 香港って、場所にもよると思うけれど基本の街の姿が変わっていないような気がする。東京が変わりすぎなのか。たとえば新宿駅西口(1961年の画像)とか、もう大変。 1941年(昭和16年)に、こういう形のガソリ…

カフェではたらく、女子

■以前、年配の方から聞いた話。 “自分の母親は、カフェで女キュウをやっていたけれど、死ぬまでそれを隠していた。それを自分が知ったのは他人の口からだった” ■今/「あたしのママはカフェのスタッフだったの☆」 昔/「おふくろはカフェの女キュウで、その頃…

火消しおじさんと、SFなビル

Flickrで見つけた、出初め式感の漂う写真。 問題は、線路の向こうにうっすら見える幻想的なビルの影です。【拡大画像】 これは、山田守による「東京中央電信局」では?なんで私がこの建物を知っているかというと、山田守氏の長沢浄水場はウルトラマンのロケ…

カメラを意識していない写真

うつされる側が、カメラを意識しないでうつっているタイプの昔写真。*1 コレが、ありそうで意外にないんですよねー 生き生きした表情の少女達。記念写真だとこの輝きは消えてしまうのだろうなぁ。【Flickr より。拡大画像】 勢いよく歩く着物写真も、ありそ…

西洋の1970年代おばあちゃん

ダスティン・ホフマンの「真夜中のカウボーイ」(1969)等、1970年前後の映画には、背景にザアマス眼鏡をかけたオバアチャンの群れが写っていますよねー。明るい色のスーツを着て、NYをトコトコ歩いているような・・・・・ こちらは1972年の写真。孫の服装が…

 エロスと、言い訳

裕福な令嬢達が・お天道様のもとで・自らすすんで・肌をさらす。昼間だし西洋のスポーツウェアーだから、別に、エロじゃないよね?という言い訳が聞こえてきそう☆ (昭和10年頃の「ホームライフ」から。小金持ちの茶の間においてありそうな贅沢雑誌で、他のペ…

美化しがち

現実の子守。豪快な笑顔です。【拡大画像】 写真館撮影の、美化子守。は・ん・な・り。【拡大画像】

向島の、つま先

向島生まれの滝田ゆうの漫画「寺島町奇譚」に、足の親指と人差し指がクッキリ「Y」の字に開いているオバサンが出てきた。 戦前から戦中にかけての玉の井遊郭界隈の話で、女性達は皆、キモノに下駄です。 まあ下駄をはいた時は、誰でも親指と人差し指は鼻緒…

都電を待つジイサン達

http://showa.mainichi.jp/ikeda1960/2008/05/ik132020.html カサコソしたキモノおじいさん。このサイト、お友達に教えてもらったのですが1960年代の写真がいっぱいです! 銀座の交差点で。【拡大画像】 (短髪のほっそりジイサン画像はこちらにも id:NARASI…

そのへんの男性達の着物

ありそうで、実はほとんど残っていないタイプの写真です。 昔の写真の対象は「美人」とか「立派な建物」とか「偉人」だから。 けんかっ早そうな人たち。【拡大画像】 左後方の人を拡大。太股ー お仕事中。【拡大画像】

 命がけの通勤風景【動画】(昭和35年・高崎線の巻)

■最近は、はやめに*1クールビズ姿になってる人がいてイイですね。皆さんこなれてきた感じ。将来はもっともっと前倒しになりますように。 クールビズのはじまった年の6月末、蒸し風呂のJRホームはスーツ姿で真っ黒。7月のそれも33度を超えたあたりから、渋…

窓の開いているビルディング・「風通し命」

■スタパ斉藤さんの猫ちゃん達は、「風通し命」で生きている。 ■ところで、昔のビルヂングも「風通し命」っぽい。本当にうまく風が通っていたかは別として、とにかく窓が全開。 上が窓全開の銀座の松屋で・下が窓全開の宝塚劇場(日比谷)です。 ↓銀座松屋は…

かつての帝国ホテル

70代の知人から旧・帝国ホテル(フランク・ロイド・ライト)のお話をうかがう。 「すりむけそうな建物だったわネ!今みたいにツルツルしてなくて。」とおっしゃっていて、笑いました。 たしかに、ぶつかると痛そう。すりむけそう! ↓横から見た?【拡大画像…

裸足がすでに登山靴

ほのかに中央線の香りのするカップル。【Flickr より。昔の台湾の画像のようです。】 男性の足がすごい。顔は小さいのに足がとてつもなく立派!どんな山道でも平気そう。 女性の足も、親指と人差し指の間がしっかり開いて。逆外反母趾? ■関連話題■ 筋肉のな…

芸者学校……

みうらじゅんの「D.T.」に、 D.T.や初台の社長達はお座敷芸エロスを見ても楽しめない(ジョンレノンが日本に「愛」の概念を持ち込んだから。)、お座敷芸を楽しめる「ガハハ」は田中角栄以降減少している、みたいのがあったけれど…… 画像は、逆立ちを学ぶ芸…

 昔のお太鼓、小顔で着物

「好きになったメモ」さんで知った、日本と台湾の昔写真の数々! くにゃっとしたお太鼓。髪はキッチリ/帯はそうでも、ない………と。 【拡大画像】 台湾の写真のようです。着せられて記念撮影?しかしなんという小顔!右端の人、すでに割烹着に見えませんもの…

 恋の片道キップは、売りません

昭和初期、三原山の火口に身投げするブームが起こった際、大島が「コニー・アイランドと、アトランティックシティと、ナイアガラの滝を足したような」 シュールな光景になっていた、*1・・・・というのを、本当かなあ?と思いつつ読む。大島へ観光客を運ぶ東…

 ルルーさんの塩キャラメル(伊勢丹・新宿)

…と書くと、まるでキャラメルを買ったかのようですが、買ってません。店の前まで行ったものの伊勢丹地下のキメ細やかな雰囲気に圧倒され、すごすご帰ってきたのでした。キャラメル職人・ルルーさんは、冬にNHKの“フランス・チョコレートの闘い”的な番組に登…

 エロスと、ぐんこく

美少女(松竹少女歌劇)の軍国的訓練。昭和12年7月の、高級雑誌「ホームライフ」*1から。 「レヴューガール軍国的訓練」というタイトルの記事です。 大阪では松竹少女歌劇で男装ティームを募集した。身長五尺二寸(※約157.6センチ)以上、男装の麗人としての…

 小柄な、ひとたち

軍人。肩幅がせまい。 映画化される時は、肩幅の広い長身の俳優が演じるんだろうな。 あきらかに、縁側で夕涼みしていた方が似合うお方(以上、こちらのサイトから)■そういえば、市ヶ谷の防衛省見学ツアーに行った時、展示されていた軍服の数々が、一瞬、子…

 鏑木清方ニン☆

うろおぼえですが、吉田戦車のマンガに、「時計屋の○○さんは、【ドイツにん】だ」みたいのがありました。(日本人なんだけど、とてもドイツ風の雰囲気が備わっている人を【ドイツにん】とよぶ的な)(前も書いたけど)仕事でお目にかかる人の中に、ときどき…