サイパン→荻窪/荻窪→サイパン。「ケンとメリーのスカイライン」

「ケンとメリーのスカイライン」の日産プリンスプリンス自動車?)のモトは、戦闘機のエンジンを作っていた中島飛行機だそうです。(三鷹の工場跡地には国際基督教大学などが)

中島飛行機物語―ある航空技師の記録 (光人社NF文庫)」は、三鷹荻窪にあった中島飛行機の技術者の回想。胃に1000個くらい穴があきそうな経験談なのに、文体は、わりと、ほっこり。

エンジンな工場の性質上、空襲の標的になりまくり。中島飛行機は徹底的に息の根を止められてます。

はるばるサイパンから飛んでくるB29は、ひときわ目立つ富士山を目標に飛来してきて、富士山の手前で日本の迎撃を避けるため1万メートルにまで上昇*1する。

そして、中央線に沿って東上し、三鷹上空で武蔵野制作所へ全弾を投下し、すぐそばの荻窪製作所へは残弾を落とし、日本の戦闘機と交戦しながら九十九里浜から日本を離脱、サイパンへ帰るのがコースであった。

B29が「中央線に沿って東上」。→→のぼり東京方面→→(汗)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

それから四半世紀、ケンメリのスカイライン。なにごともなかったかのような、かがやく映像。

*1:日本の飛行機は1万メートルになると「ふらふらの状態」になるから