ブルーインパルス 、小津映画、新宿伊勢丹

行進曲「ブルーインパルス」を作曲した斎藤 高順は、小津映画の音楽(「東京物語」「秋刀魚の味」など)を手がけていた方。芥川也寸志團伊玖磨と同じく陸軍戸山学校軍楽隊出身だそうです。こちらに詳しいです。

―吹奏楽の発祥― 陸軍戸山学校 | 小津安二郎の映画音楽 Soundtrack of Ozu

 

 

そして軍楽隊は、なんと、東京大空襲の直後にもパレードをしていたのだとか…!!

news every.-「ミンナが、生きやすく」より。

1945年3月10日、東京大空襲の日。


実はこの日は「陸軍記念日」で、

軍楽隊は毎年恒例のパレードを都心で行う予定にしていました。

しかしその日の未明に、東京への大空襲があり、

下町を中心に東京は焼け野原となったのです。

果たしてこんな状況でパレードをしていいのか。

軍楽隊のメンバーは躊躇したといいます。

「とにかく陸軍省にお伺いを立てようと聞いてみたら、

『士気を鼓舞するためにやれ』という命令が下って。

パレードに出ると、道が消防の水でびしょびしょに濡れている

状態だったのを覚えています」


大空襲直後、町は焼け野原となりましたが、

軍楽隊は人々の沈んだ気持ちを鼓舞するために、

靖国神社を出発し、神田、日本橋、銀座など街なかを

3時間休むことなく行進しました。

 

ひー!

 

参考画像:ちなみに、こちらは陸軍戸山学校音楽隊の記事(ホームライフ昭和12年11月号)。国民の歌声は軍楽隊の力強いリズムに伴奏されて「時局下の緊張と興奮を美しい戦時交響曲に高めてゐる。」とあります。

f:id:NARASIGE:20200530090619j:plain

f:id:NARASIGE:20200530092354j:plain

 

f:id:NARASIGE:20200530090810j:plain

 

マッドマックスでも、音楽の力が重視されていましたね…こちらの音楽隊も「時局下の緊張と興奮を美しい戦時交響曲に高めてゐる」のでしょうか。緊張と興奮と、音楽と、銀色のスプレーと…

f:id:NARASIGE:20200530100958j:plain

 

実は私の母が幼い頃、陸軍戸山学校の近くに住んでいて、新宿伊勢丹近くで軍楽隊を見たんですよ。その記憶スケッチがこちら↓「軍隊が時々、月に一度位、ザックザックと通る。軍楽隊も交えて沢山の兵隊さんがパレードを行う。壮観なものだった」とのことです。画力のなさを悔しがっていました。

f:id:NARASIGE:20200530101938j:plain

 

吉屋信子少女小説 小さき花々 (河出文庫)に、陸軍戸山学校のある戸山ヶ原に出かける少女たちの物語がありました。お嬢様2人が、学校をズル休みして大久保駅で待ち合わせし、ドキドキしながら戸山ヶ原に行くのです。昭和10年「少女の友」に連載されたそうですが、14歳の女学生が、お弁当を持って戸山ヶ原に行くのが不思議な感じ。「事変」の前だからでしょうか。

「あのね、あなた戸山ヶ原御存知?」

私は、その頃、毎日省線電車の窓から、戸山ヶ原を見て、学校へ通っていた、というのは、登校時間の省線は腰かけられた事なんか、決してなかったし、立っていればいやでも、窓から、その原っぱが見えるのだった。(略)

騎兵が、今で松の木立の間を駆け廻る戸山ヶ原、塹壕を掘って、歩兵が演習していることもある。雪の降った朝は、物珍しそうに、スキーを持ち出して、そのゆるい傾斜で滑っている人影のある冬の戸山ヶ原、そして今頃の青草が萌えて、朝から、うらうらと陽がさし、陽炎が燃えて、まどろみたいような、春の戸山ヶ原。(略)

戸山ヶ原に着いた。いつも見たように、たくさんの人影はなかった。そして電車の窓から見るふわふわと芝生のような青草の原も近くへ寄ってみると赤土の禿げがあって、すぐ座ったり、ねころんだりするのに丁度好い場所はなかなかなかった。そして紙屑や、新聞紙が風に吹かれていた。

そこへ兵隊さん達が、一列、歩いて原っぱへ現れた。赤い旗を立てて何かの軍事の教練が始まるらしかった。

 

narasige.hatenablog.com