関東大震災前の地図で、タイムトラベル

f:id:NARASIGE:20200531184430j:plainこれは、大正7年(1918)の観光地図だそうです。

flickrより

 

はじめ見たとき「ああ、これ、敗戦後に作られた進駐軍用のマップね」と思いました。しかし拡大してよく見ると「あれ、晴海がない!ん…?築地市場もない!勝どき橋もない…。?待って!これ関東大震災前の地図だ!」と、びっくりしたものです。

 

この地図は「築地市場がない!」「万世橋駅がある!」など、当然あるはずのものが無かったり、今は無いものが現役だったりする。いろいろな「ある!」「無い!」を探して遊ぶと面白いですね。そりゃあ、日本語の地図のほうが詳しく遊べるのでしょうけれど、日本語だと「牛込区」等の「区」の字が難しい「區」だったりして、とっつきにくいじゃないですか。でも、英字なら逆に読みやすいし、「オー、小石川ボタニカルガーデンねー」と異国の旅人気分になれるのです。

 

↓拡大してみると、新宿が見切れそう!獅子文六のエッセイ「ちんちん電車」に、「新宿なぞは、市外であり、場末の代表であって、東京人は大久保のツツジでも見学する時でなければ、そんな線へ乗ることもなかったろう」とあるのを読んだ時は「新宿が場末の代表って、言い過ぎじゃないかなあ」と思ったけれど、この地図の新宿冷遇を見れば、たしかにそんな感じが…。新大久保にはちゃんと「AZALEA (ツツジ)GARDEN」が載っています。

f:id:NARASIGE:20200531172831j:plain

 

東京駅構内に、JTBJapan Tourist Bureauオフィス。

f:id:NARASIGE:20200531172930j:plain

 

築地周辺。築地市場無し(まだ海軍の敷地)。勝どき橋無し。立教と聖路加病院と歌舞伎座はあり!

f:id:NARASIGE:20200531172904j:plain

 

 

narasige.hatenablog.com