佐藤いぬこのブログ

戦争まわりのアレコレを見やすく紹介

1938年のベルリンで、宝塚の歓迎会がありました【山口青邨の『滞独随筆』より】

ベルリン子の熱狂と山口青邨

話題の書店、神保町のPASSAGE by ALL REVIEWS*1山口青邨の『滞独随筆』を見つけました。山口青邨は、“俳人で鉱山学者”。ちょっとビックリするような表紙ですが、今日はこの本とともに、宝塚のドイツ公演についてご紹介しましょう。

映画「ジョジョ・ラビット」のオープニング感

さて突然ですが、映画「ジョジョ・ラビット」、ご覧になりましたか?冒頭でビートルズの「抱きしめたい」(のドイツ語版)が流れ、群衆がワー!キャー!とヒットラーに熱狂する様子が印象的でした。私は観た時「えッ、こいういう表現、大丈夫…?」とドキドキ。しかし今回『滞独随筆』を読んでみて、あのオープニングはけっこうリアルに近かったのかも、と思えてきたのです。

『滞独随筆』は昭和12-14頃(1937-1939)のドイツの様子を記した本で、日付も入っているからブログの魚拓を読んでいる気分。著者の山口青邨は、ドイツの「工業の心臓部」エリアで、工場や鉱山を見学する仕事などをしており、ヒットラーを見ようとする群衆にたびたび遭遇しているのです。大群衆の渦に巻き込まれた時は「ひょっとすると自分もここで死ぬかもしれない」と圧死を覚悟したことも。

ベルリン子たちは、ヒットラーが来るとなると、もう朝のうちから、お弁当と折りたたみ椅子や折り畳めない藤椅子(!)を持参してスタンバイしていたとか。宣伝相ゲッベルス「伯林の人々よ!街頭に出でよ、そして総統に感謝を捧げよ!」という告示、小旗を満載したトラック、家の窓から「ハイル・ヒットラー!ハイル・ヒットラー!」と叫ぶ人々、押すな押すなの小競り合い…。中には棒の先に鏡をつけた装置で人垣の後ろから見物を試みる人もいたそうです。(見た目、自撮り棒でしょうね)

宝塚少女歌劇団の歓迎会

そしてちょうどこの時期、宝塚がドイツ・イタリー公演を行っており、山口青邨はその歓迎会に出席していました。(出発前の宝塚の様子はこちらをご覧ください)

narasige.hatenablog.com

歓迎会からサッっと帰る乙女達

では、『滞独随筆』から、宝塚少女歌劇団の歓迎会の部分を引用してみますね。寿司や煮〆、白菜の樽漬などが用意された歓迎会には、ベルリン中の日本人が集合。しかし「可愛い娘達」はすぐ帰ってしまい、残された日本のおじさん達がいきなり淋しさにおそわれる様子が2頁にわたって書かれています。

自分の娘たちか、妹たちが歌ったり踊ったりしてるのだと思ふやうな気がしたのです。 はるばる祖国からから来たんだ、いたわってやり度いといふ気持ちがしました。  (略)さっと帰られたものですから、お父さん、兄さん達は寂しくなったのは当然です。

歓迎会で「お父さん、兄さん」の気持ちになっていた著者の山口青邨は、当時アラフィフ。←ドイツ人からは、青年だと間違われていたとか。

▽『滞独随筆』から「虚子先生への手紙」(1938年11月10日付)より

『水晶の夜、タカラヅカ

上の文章を見たときは、“せっかくの歓迎会なんだから、乙女達もすぐに帰らないで、もうちょっと、いてあげたらよかったのに。あと、やっぱりこの時期「愛国行進曲」と「露営の歌(朝ドラ「エール」の古関裕而が作曲)」はマストだったのかなあ“等と思っていた。

しかし『水晶の夜、タカラヅカ』を読んで、考えが変わりました。これは歓迎会に長居できないわ!と。宝塚のドイツ公演は(異国とはいえ同盟国だし)なんとなくスムーズに行われそうじゃないですか?ところがどっこい、実際には日独でさまざま行き違いがあり、直前まで“公演できるの?できないの?”みたいな綱渡り感がすごいんですよ。会場は決まらないし、練習もままならない。しかもヨーロッパの寒さは半端ない。いやあ、かなりきつそうです。以前、プロインタビュアー吉田豪が“芸能人の本を読む時は、同じ出来事を複数の本で読むと、立体的になってくる”と言ってましたけど、たしかに複数の本で読むって大切ですね!

水晶の夜、タカラヅカ

きびきびしたヒットラー

最後、山口青邨の『滞独随筆』に話を戻します。山口青邨は、昭和12年2月に日本を発ち、昭和14年4月に帰国する2年数ヶ月の間、ベルリンを拠点として欧米に滞在していました。「ちょうど戦争が始まる前のいろいろな複雑な情勢の時にぶつかって」おり、その見聞を昭和15年3月に出したのが『滞独随筆』というわけです。なので、当然、現在とは歴史の見え方が違っている。たとえば「滞独」しているうちに「きびきび」したヒットラーを好きになってしまったり…。

ヒットラーは今、英雄になりつつある。私はむかふに行くまではヒットラーは好きではなかった。しかし2年の間に、ヒットラーを眼のあたりに見たり、演説を聴いたり、きびきびと仕事をしたり、最後には一兵卒として先頭に立って敵地に進軍したりするところを見てるうちに、たうとう好きになってしまった。

この「好きになってしまった」感は、『滞独随筆』の装丁にもあらわれているようで、カバーをとるとこんな感じ。『滞独随筆』は「日本の古本屋」にもあります。ぜひ『水晶の夜、タカラヅカ』とあわせて読んでみてください!

▽戦中・戦後の宝塚劇場(日比谷)についてはこちらを。

narasige.hatenablog.com

 

*1:「古書日月堂」の本棚にありました。

h3 { color: #FFFFFF; background: #000000; padding: 0.5em; } h4 { border-bottom: dashed 2px #000000; } h5 { border-bottom: double 5px #000000; }