厚木キャンプと、サイパン育ちの少年と、美しすぎる母と

久生十蘭短篇選 (岩波文庫)

久生十蘭の「母子像」(1954・昭和29)は、朝鮮戦争の時代、純粋な中学生が、なぜかポン引きまがいのことを繰り返すというお話。彼は真面目な子なのに「進駐軍、厚木キャンプ」から米兵をタクシーにのせては都心の歓楽街に送り出すのです。青空文庫で読めます。


少年はサイパン出身の孤児。父はサイパン支庁の気象技師、母は南洋興発会社勤務でした。


この母親は、美しい、残酷な人物として描かれています。

東京女子大を出た才媛で、会社のデパートやクラブで働いている女子職員の監督でしたが、その後軍の嘱託になって、水月」という将校慰安所を一人で切りまわしていました。非常な美人で……すこし美しすぎるので、女性間の評判はよくなかったようですが、島ではクィーン的な存在でした」
慰安所の生活というと、これはもう猥雑なものなのでしょうが本人はそういう環境で生長期をすごしたのですね」
「いや、そうじゃないのです。いまもいいましたように、すこし美しすぎるので、なにかと気が散って、子供なんか見ていられないいそがしいひとなので、独領時代からいるカナカ人の宣教師に預けっぱなしにしてありました」


敗戦後、孤児になった少年は、ほかの戦災孤児といっしょにハワイに移され、日本の小学校にあたる学校に六年いたため英語が出来ます。以下はその少年を担任の先生が叱るセリフですが、アメリカ、米兵、という言葉を一切使ってない点に注目‥

お前は、毎土曜日の午後、朝鮮から輸送機でつくひとを、タクシーで東京へ連れていった。アルバイトとしては金になるのだろうが、お前の英語が、そんな下劣な仕事に使われていると思うと、先生は情けなくなる

朝鮮から輸送機でつくひと」って‥!!!これまた、ボンヤリとした言い方‥‥‥!!取り調べの中では、警察の人の発言にも「アメリカ」は出てきません。「朝鮮帰りの連中を東京へ送りこむ……ポン引そっくりのことをしていますわ。」といった具合。


少年はタクシー運転手の溜まり場で、(実は生きていた)母親の職業の実態を知らされます。ここでも、「おめえの送りこんだやつ」という曖昧な表現が出てくる。以下引用。

十月の第一土曜の夜だった。フィンカムの近くの、運転手のたまりになっている飲み屋へ車をたのみに行くと、顔馴染の運転手がこんなことをいった。
「あそこのマダムは、おめえのおふくろなんだろう。おめえはたいした孝行者なんだな。だがな坊や、おめえが送りこんだやつとおめえのおふくろが、どんなことをしているか、知ってるのか」
 太郎がだまっていると、その運転手は、
「知らなかったら、教えてやろうか。こんな風にするんだぜ」
 といって、仲間の一人を抱いて、相手の足に足をからませて、汚ない真似をしてみせた。


余談ですが、ここで出てくるフィンカムという単語。フィンカムといえば立川基地というイメージですが、この小説の舞台は厚木キャンプなんですよね‥‥‥。以下は参考画像。立川基地のフィンカムゲートそばにあるホテルの広告。写真には女性だけがうつっています…。Flickrより
f:id:NARASIGE:20200315085457j:plain
f:id:NARASIGE:20200315085150j:plain

narasige.hatenablog.com
narasige.hatenablog.com