墓地と『青春怪談』(獅子文六)

f:id:NARASIGE:20210612140444p:plain


お墓で恋をはぐくむ 「青春怪談」(獅子文六

獅子文六の『青春怪談』が、ちくま文庫から復刊されました。山崎まどかさんの熱い愛にあふれた解説が「ちくまweb」で読めます!その中で山崎さんは「青春怪談」の「胸がキュンなるようなロケーション」として向島百花園の萩のトンネルをあげていらっしゃいます。本当に、向島百花園のシーン、とっても純情で可愛いシーンでした!

 

私は、お花や庭園にすごくうといので(笑)、自分なりの胸キュンロケーションを考えてみました。そのロケーションとは、東京郊外の「多磨墓地」。『青春怪談』では、多磨墓地で中年男女が偶然鉢合わせし、そこから恋が加速するのです。なぜ、よりによって「墓地」が恋の舞台なのでしょうか。その理由を2つ考えてみました。

①『青春怪談』の多磨墓地は、裕福な時代が冷凍保存されている

多磨墓地は大正12年の春、つまり関東大震災の直前に開園した公園墓地です。『青春怪談』の中で、多磨墓地は

日本が少しは裕福だった時代に、造られた墓地だけあって、規模が大きく、設計が行き届いていた

と説明されています。ここがポイント。

『青春怪談』の純情中年カップルは、戦前の恵まれた階級で育っています。彼らにとって「日本が少しは裕福だった時代」の立派な施設は、もっとも馴染みがあるモノだったはず。(当時の日本の豊かさが、何の上に成り立っていたかは……今はいったんおいておきます)

良い場所ほど、進駐軍に接収されがち

 「いやいや、規模が大きくて設計がいき届いている場所なんて、他に沢山あるでしょう?墓である必要はないよね?」と思われるかもしれません。しかし、戦後しばらくの期間、都心の施設は、立派なら立派なほど進駐軍に接収されていたのです。当然、その周辺には豊かさの分け前を求める人々も群がっていた。

つまり「立派な施設=ピリピリとした施設」だったわけです。 『青春怪談』が書かれた昭和29年は、敗戦から10年近くたったとはいえ、まだ接収されたままの場所(日比谷の宝塚劇場・築地の聖路加病院など)も残っていました。

なまじ「日本が少しは裕福だった時代」を知っている世代にとって、昭和29年の都会は、なにかと雑音が多い場所だったことが想像できます。

▽たとえば、これは昭和27年の銀座4丁目交差点。右側のすすけた建物は「三越」。奥の「松屋」は接収されて「TOKYO PX」に。画面手前には、進駐軍用の標識が…。とまあ、ゴチャついている。

f:id:NARASIGE:20210612142636p:plain

 その点、郊外の多磨墓地は、敗戦のゴタゴタを連想させないナイスなロケーション。意外にも恋愛の舞台にぴったり。厳密にいえば多磨墓地の周辺にも、接収された調布飛行場がありますが、お墓参りにはあまり影響がなかったと考えられます。同じお墓でも青山墓地は、近隣施設が接収されまくっていたからアウトでしょう。

 ▽参考:「青春怪談」の書かれた昭和29年の聖路加病院には、星条旗がひるがえっていました

narasige.hatenablog.com

②実は“最新型”だった多磨墓地

「お墓でデート」というとオバケが出そうですが、多磨墓地は違います。なにしろ、日本で初めて欧米の公園墓地を真似て造られたのですから。『青春怪談』には多磨墓地の様子がこう描かれています。

中央の大道路は、見上げるような赤松の林立と、鐘楼風の噴水塔が、墓地というより公園へきた印象を与えた

そしてヒロインの蝶子さんは、亡夫の墓参りをするときにに多磨墓地の「大道路」を歩くのが大好きという設定なんです。

 ▼平面図はhttp://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001282291-00より

f:id:NARASIGE:20210109214328j:plain

今では珍しくない公園墓地ですが、オープン当初の多磨墓地は、その「公園」っぽさが災いして評判が悪かった。開園にたずさわった担当者の手記→■によれば、人々は多磨墓地に対して、とても冷たかったそうです。しかし関東大震災で寺院の墓が壊滅状態になった人たちが、移転先として多磨墓地を使うようになったのだとか。

 中高年にとっての「30年前」=つい最近

現代人にとっての多磨墓地は、大正12年開園の伝統ある場所。しかし『青春怪談』の昭和29年からみれば、大正12年って約32年前なんですね。 お若い方には想像しにくいかもしれませんが、中高年にとって30年前は、「つい最近」。(ちなみに東京ディズニーランドの開園は今から約34年前)

『青春怪談』の純情中年カップルにしてみれば、多磨墓地は、“ついこの間オープンしたばかりの斬新な施設”といえるでしょう。まだまだフレッシュで、青春さえ感じさせる空間だったのかもしれません。

▽【参考】中年にとって「30〜40年前は、つい最近」の代表例。1983年の人気キャラクター「イウォーク」を、まるで昨日のことのように語る高橋ヨシキさんが可笑しい。

miyearnzzlabo.com

上書きされる前の東京

『青春怪談』に登場する若いカップルは、新橋や渋谷など、雑味の多い街を平気で歩きます。彼らがグイグイ歩けるのは、若さゆえ色々なことに耐性があるから。そして、戦争前の豊かな時代をほとんど知らないから!!

ところが戦前の豊かさをタップリ楽しんだ世代はそうもいきません。自分たちが青春を過ごした場所が、復興途中にヘンテコな上書きをされていくんですから。これは耐えがたいんじゃないかな。

獅子文六は昭和27年頃のエッセイ『復興見物』で、復興途上の東京を

田舎酌婦の化粧のよう

と嘆いています。

 

『青春怪談』の中年カップルの恋は、向島百花園でクライマックスを迎えますが、男性の方は恋愛がどうこういう以前に「向島百花園」の環境そのものに大ハシャギ。

「これア、よかった。戦争前というよりも、震災前の東京を、思い出させる」

 このセリフは、戦争前の都会を、慶応ボーイとしてエンジョイした獅子文六の気持ちを代弁しているように聞こえます。

『青春怪談』で、恋愛の舞台を「多磨墓地」にしたのは、ある世代にとっては郊外の墓地こそ、ストレスフリーな空間だったから、なのかもしれません。

 

 ▽美しい建造物に、変てこな上書きが加えられた例:有楽町「日劇

narasige.hatenablog.com

 

h3 { color: #FFFFFF; background: #000000; padding: 0.5em; } h4 { border-bottom: dashed 2px #000000; } h5 { border-bottom: double 5px #000000; }